顔の印象が変わる。凸凹顔になる前に行う対策とは。

気になるのは、ニキビ?ニキビ跡?

凸凹になってしまうと、肌の印象が変わってしまう。

どんなニキビができるかで、凸凹顔になるのかわかる?!

ニキビにも様々な種類があります。鼻や頬にできやすい黒ニキビ、額やこめかみ、顎周りなど、色んなところにできる白ニキビ、白ニキビが進行した赤ニキビ、痛みや痒み、膿みを持った化膿ニキビなど。

将来、凸凹肌になりやすいのは、化膿ニキビです。


化膿したニキビは、皮膚表面を傷つける他に、真皮の組織まで傷つけられてしまいます。
真皮の部分は、ターンオーバーが行われないため、一度ダメージが及んでしまうと傷を修復することができず跡を残してしまうのです。

ニキビ跡

赤いニキビが盛んにできているときは、ニキビができてくることや赤みのことで頭がいっぱいかもしれませんが、同時にニキビ跡も作っているということも、忘れてはなりません。

 

潰していないから、ニキビ跡にならないは、間違い。

ニキビを潰すとニキビ跡になるということで知られていますが、潰さなくてもニキビ跡はできます。化膿したニキビができている場合と、化膿まで行かなくても、同じ場所に赤ニキビができている場合です。

真皮まで、傷つけられてなくても同じ場所が絶え間なく、赤みを起こしていることで、丈夫な角質細胞が作られる時間がないまま、角層が薄くなり、次第に真皮まで赤みが達し、傷つけてしまうのです。
赤ニキビができやすい方や同じ場所に繰り返しニキビができている方の場合は、要注意です。

ニキビ跡対策の前にニキビを

ニキビ跡を対策するにあたって、今、ニキビが出来ている方は、ニキビ跡の対策よりも、ニキビの対策を優先して行うべきです。
ニキビ跡は、ニキビの後につくられるので、ニキビがいつまでも繰り返しできているのであれば、当然、ニキビ跡ができる可能性が高くなります。
しっかりとニキビ対策をして、ニキビができない状態になってから、ニキビ跡の対策に、本格的に取り組む、または、同時進行で対策に取り組む必要があります。

<ニキビができる限りニキビ跡もできる>

 

お肌の悩みの原因や対策方法をご提案させて頂きます

cocotomi で詳細カウンセリングを受ける

cocotomi でお肌の状態をチェック

WEB フォームにて入力をお願い致します

 

レーザーやピーリングの不向き

ニキビが化膿しやすい方やもともとニキビ以外にも赤ら顔や肌トラブルが起きやすい方は、レーザーやピーリングは肌に負担が大きくなる可能性があります。また、今、赤ニキビや化膿ニキビがある時点で、レーザーやピーリングを行うのは、余計に赤みの増加やニキビ跡が深刻になる場合もあります。
美容機器に頼る前に、自分の肌状態をよく確認しましょう。

赤みがきえると凸凹が目立つ

ニキビがある時は、赤みを気にすることが多く、やっとニキビも赤みもおさまってきたというころには、肌の凸凹が非常に目立つようになっていきます。

<ニキビの赤みはおさまっても、凸凹肌が目立つ>

 

ニキビ跡の凸凹の深度によって、凸凹が目立って見えたり、メイクでなんとか、隠すことができたり、様々です。ただ、メイクで隠せても、くすんで見えたり、ハリがなくなっていたりと、老け顔に見られてしまうことも。
周囲はつるつるの肌なのに、自分だけが凸凹顔なんて、嫌ですよね。
そのようにならない為にも、早期にニキビ対策を行うことをお勧めします。

 

こことみによる対策

<ニキビとニキビ跡を同時に対策>

こことみでは、ニキビもニキビ跡も同時進行で対策を行うことが可能です。
まずはご相談下さい。

 

お肌の悩みの原因や対策方法をご提案させて頂きます

cocotomi で詳細カウンセリングを受ける

cocotomi でお肌の状態をチェック

WEB フォームにて入力をお願い致します

cocotomi で対策されたお客様の声