男性メイクで赤ニキビも気持ちも軽く

昔の男性は当たり前のようにメイク

古代は自分を強く見せることや魔除けとして使用され、戦国時代は緊張や恐怖で蒼白になった顔を隠すためと言われています。江戸時代では、庶民でもハレの日にはメイクをしたり、スキンケアをしたり、盛んに行われていたようです。しかし、文明開化を迎えメイクをしないようになったことで、男性はメイクをしないのが当たり前になりました。

 

メイクは肌トラブルがある時に便利

肌の赤みがなければ、もっと自信が持てれるのに・・と思うことはありませんか?もちろん、ニキビがなくなること、赤みがなくなることが一番いいですよね。

しかし、良くなるまで待っていられない!という時もあるでしょう。

そんな時に、メイクがあると隠せるので、精神的にも負担が軽くなります。

 

大事な同窓会にニキビの赤みが・・

テレビ出演している男性のメイクは当たり前

テレビに出演している男性の方々は、メイクをしている方がほとんどです。

1つの身だしなみとして考えれば、いいかもしれません。

また、照明によって肌が痛むのを防ぐためでもあるようです。
ドラマなどの最中は日焼けや肌トラブルにならないように、スキンケアをされて、化粧以前の段階から肌に気をつかっていらっしゃるようです。

綺麗な肌を再現するには、最終的にはメイクより普段のケアの方が重要になります。

 

テレビ出演の男性はメイクを

 

メイクは肌トラブルになるのでは?

「化粧をすれば、ニキビができるだろう・・・」「赤みが酷くなるのでは?」
では、もともと化粧をしない男性はニキビない?赤みがない?
そんなことはありません。メイクをしない男性でもニキビや赤ら顔に悩まれている方は多いです。

メイクの商品の選択やメイク方法、メイクの落とし方に誤りがあると、トラブルは起きます。

間違ったメイクや落とし方・洗顔方法が、ニキビや赤みを悪化

 

 

こことみのメイクは身だしなみだけではない

こことみのメイクは、ただ隠すだけよりも、肌を守ることも含めた設計です。
塗ってても、わからないので、男性にも人気!!

 

肌を保護する意味であれば、顔全体に塗ったほうがお勧め。

塗る厚さはご自身で決めて頂ければ大丈夫です。

理屈はわかっても、気持ち的に抵抗がある方は、まずは部分的に行うのもお勧めです。

男性に人気のこことみメイク

 

大事な時に自信を持って行動も

こことみのメイクを持っておくと、心強いときも。

初めて人とお会いする時、パーティーの時に、同窓会の時に、久々に友人と会う時など。
目立つニキビがある・・顔が赤い・・・そんな時にカバー力もあるメイクを使えば、少しは自信を持って行動できますよね。

ニキビや赤みが目立たなくなれば、気持ちも明るく

 

こことみ保護メイクを実施してみたい

まずは、必要な商品を揃えましょう。そして正しい方法を習得してください。
ご来店できる方はご来店して実施したほうが、わかりやすいです。
ご来店ができない方も動画とプリントでわかりやすくお伝えさせて頂きます。

メイク方法をお教えします

 

こことみのメイク商品を使ってみたい方やご希望の場合はお問合せから、お尋ねください。

メイクで隠すだけではなく、肌そのものを綺麗にしたい方は早速、ご相談を。

直接ご相談・対策のお申込みについて

詳細カウンセリングを受ける

まずはメールで肌相談

WEB フォームにて入力をお願い致します

cocotomi で対策されたお客様の声