顔がヒリヒリして赤い

今まで何ともなかった化粧品が、ヒリヒリするようになってきのはなぜ?

肌に異変が起きている状態です。

通常は肌に化粧品を付けても、また石鹸で洗顔しても、水で洗っても、顔がヒリヒリすることはありません。
それは、異物を侵入させないバリア機能が働いている為に、肌に異物が付着しても、侵入することがないので、顔がヒリヒリするとか、痒くなるとか、赤みがでてくるなどの症状が起きないのです。

 

顔がヒリヒリするのは、異物が侵入しているということです。
なんから要因によっては、バリア機能が低下してしまったことで、本来なら何でもない商品などが、つけることによってしみるという症状に変わってしまいます。

それを良くしようとまた、化粧品を替えてみても、ヒリヒリ感が起きる場合が多いです。
今まで以上に刺激の少ない化粧品などに変えるとおさまるようにも見えますが、刺激感が減っただけで、バリア機能は何も変わっていないので、また異物が侵入しやすい状態になれば、同じ化粧品でもヒリヒリしてきます。

顎の赤み

化粧品に限らず、普段の見えない刺激物の付着や、細菌の付着などによってもヒリヒリしたり、また乾燥することでヒリヒリすることもあります。

水洗顔でさえも、ヒリヒリするのは、かなり肌状態は悪いことになります。簡単に考えて対策することはやめましょう。
慎重に対策して少しずつ肌のバリア機能が回復することが大切です。

赤ら顔対策を実施されたお客様

体験談1
 
 

お肌の悩みの原因や対策方法をご提案させて頂きます

cocotomiで詳細カウンセリングを受ける

 

バリア機能が低下する要因

間違ったスキンケア

刺激の強い美容機器、エステ、マッサージ

薬による連用

ピーリングやレーザー

日常生活の乱れ

ストレス

季節的要因

 NG

などなど、様々な要因があります。

それらの要因を影響を受けやすいタイプと受けにくいタイプがあります。

まずはそれを肌診断で確認してみるといいですね。

カウンセリング1

 

 赤みが強くある時こそ、刺激の強い対策はやってはいけません。
また赤みがあるからといって、むやみに薬に頼りすぎるのもよくありません。
今、薬をご使用になられている場合、最終的には薬を使用しなくても赤みが気にならないような対策をしてきましょう。

 対策方法

・今の対策を見直してみる。
実際に今の対策によって、刺激を受けやすくヒリヒリしたり、赤みが増していることもあります。

・生活習慣を見直してみる。
睡眠や、食生活などが乱れることで、肌のバリア機能が低下してしまいます。
偏った食事はやめましょう。質のよい睡眠ができるようにしましょう。寝る前のスマートフォンや携帯、パソコンをいじるのは、やめましょう

・ストレスを解消する。
ストレスは身体機能に大きな影響を与えます。ストレスを溜めない、また解消することを心がけましょう。
リラックスできる時間や、気分転換をするように心がけましょう。

ニキビと運動

それでも赤みが気になる場合は、ご相談下さいませ。

※アトピーによるヒリヒリ、痒みの場合。当方では対応ができない範囲です

通わずに対策をしたい方へ

自宅での対策サポートはこちら

体験談

お肌の悩みの原因や対策方法をご提案させて頂きます

cocotomiで詳細カウンセリングを受ける

cocotomiでお肌の状態をチェック

WEBフォームにて入力をお願い致します

あなたと同じ悩みを乗り越えられたお客様の声

初めての方へ(クリック)をお読み頂き、ご来店して頂くメリット(クリック)をお読み頂くとより、ご来店して頂く意味がご理解できます。

♠関連ページ

赤ら顔の原因について

脂漏性皮膚の症状について