赤ら顔の対策方法

赤ら顔の対策方法

自分の肌状態を確認してから、対策を実施しましょう。

赤ら顔対策の基本的な2ステップ。

1.赤みの要因を取り除く

2.赤くなった肌を対策

赤ら顔対策を実施されたお客様

体験談1
 
 

赤くなった肌そのものを対策

赤ら顔の対策には、数回やって終わり、といった対策では効果がありません。消化器の不調など、体の内面が原因の赤ら顔は、食事の改善など継続的な対策が必要です。

現在赤ら顔でお悩みの方は、相談と平行して、以下の基本ケアを試してみましょう。

・食事の改善

普段からインスタント食品や、肉ばかり食べている方は注意しましょう。

脂が多い食事に偏ると、皮脂の分泌量が増え、胃腸にも負担が掛かります。コラーゲンやビタミンを豊富に摂取できる、野菜や鶏肉中心の食生活に改善することで、皮脂の分泌を抑え、肌の回復を助けることが可能です。

赤ら顔の予防・改善に効果的な食事について

・睡眠時間の確保

睡眠で身体的・精神的なストレスを解消可能です。また、肌の回復を促進させる成長ホルモンは、眠っている時に最も放出されます。夜更かしはせず、規則正しく、充分な睡眠を取るように生活リズムを改善しましょう。

・嗜好品の見直し

スナック類の糖分やタバコのニコチン、コーヒーのカフェインなど、嗜好品には肌の改善を妨げる成分が多く含まれています。刺激物は赤みを引き起し、皮脂が増加する原因になります。赤ら顔で悩まれている方は、意識して減らす、または控えるようにしましょう。

・毎日のスキンケアの見直し

顔の赤みの原因に、物理的な刺激が考えられます。スキンケア方法や、使っている商品を見直すことで、肌に与えているダメージを軽減するようにしましょう。

こことみでは、個人ごとにスキンケア方法をご提供させて頂きます。

・適度な運動

適度に運動は、顔周辺に集まった血液を散らし、体温を調整するのに役立ちます。顔が赤い時に、ほかの冷えている部位をストレッチするだけでも効果的です。しかし、激しすぎる運動はかえって体にストレスになります。ウォーキングなど比較的軽い運動を習慣的に行なうことを意識しましょう

運動と赤ら顔の関係について

・ストレス発散

睡眠や運動でもストレスは発散できますが、赤ら顔は精神的なストレスによっても引き起こされます。

自分自身にとってストレスを感じない環境を整えることも、赤ら顔対策のひとつです。
定期的に好きなことに没頭する時間を作るなど、意識してリラックスできるようにしましょう。

赤ら顔とストレスの関係性について

赤ら顔の原因・過程・状態は個人ごとに違います。そのため、対策方法も個人ごとに違うといえるでしょう。

こことみでは、オーダーメイドの対策方法をご提案いたします。

お肌の悩みの原因や対策方法をご提案させて頂きます

cocotomiで詳細カウンセリングを受ける

cocotomiでお肌の状態をチェック

WEBフォームにて入力をお願い致します

あなたと同じ悩みを乗り越えられたお客様の声

●荒れた肌の赤ら顔

  乾燥と赤みを伴う頬の赤ら顔 hoho-6-2

※著作権者の承諾なしに無断で他の電子メディアや印刷物に転載する事を禁じます

●鼻から頬にかけて、皮膚表面の赤みと脂っぽさが悩み

 hoho-7-11 hoho-7-12

●社会人女性
毎日のスキンケア方法を教えてもらって、今まで間違ったスキンケアだったことに気づきました。べたつきも、気にならなくなって化粧ノリもよくなりました

●脂漏性皮膚による赤ら顔

 

ネット上や書籍などには、さまざまな赤ら顔対策の情報があふれています。 しかし、誤った情報に惑わされずに正しい知識を学び、対策をしていくことが重要です。

通わずに対策をしたい方へ

自宅での対策サポートはこちら

体験談

お肌の悩みの原因や対策方法をご提案させて頂きます

cocotomiで詳細カウンセリングを受ける

cocotomiでお肌の状態をチェック

WEBフォームにて入力をお願い致します

初めての方へ(クリック)をお読み頂き、ご来店して頂くメリット(クリック)をお読み頂くとより、ご来店して頂く意味がご理解できます。

♠関連ページ

赤ら顔の原因

赤ら顔対策の生活改善法や漢方について

赤ら顔とビタミンの関係性