赤ら顔とお酒の関係性について

お酒を飲むと、顔が赤くなりますよね。

通常、飲酒時に顔が赤くなるのは一時的なものですが、たいていは飲んでからしばらくして、酔いがさめるといつもの顔色に戻っていきます。しかし、人によっては顔色が赤いまま戻らず、異常なまでに顔全面が赤くなる人もいます。これらが起こるのには身体のある機能に原因があると言われています。今回は、赤ら顔とお酒の関係性について説明していきます。

 

お酒を飲むとなぜ赤ら顔になるのか 

赤ら顔の人もそうでない人も、お酒を毎晩飲んでいるという人も多くいることでしょう。晩酌するのが日課となって、今やは1日の疲れを癒すのに欠かせない、毎日仕事後にお酒を飲むのが楽しみで仕方ないという人もいるかもしれません。

 

アルコールは飲み過ぎなければストレス発散や息抜きにもなるし、人とのコミュニケーションツールにもなります。

下記の黄色い枠内の「脱水酵素と呼ばれる成分」とありますが、この意味がよくわかりません。アルコールは肝臓にあるアルコール脱水素酵素によって分解されますが、脱水酵素という成分がアルコールに入っているわけではありません。これらの酵素は私たちの肝臓にあります。

また、アルコール摂取で脱水症状になりやすいのはビール等に利尿作用があるためということと、アルコールを分解するときに「水」が通常以上に必要とするためです。

 

しかし一方で、飲酒は赤ら顔を促進させてしまう効果もあります。アルコールには、脱水酵素と呼ばれる成分が入っているため、お酒を飲むと体内が一時的に脱水症状に近い状態になります。血液中の水分も足りなくなってしまい、血流の停滞や、アルコールをうまく分解できなくなり、結果として赤ら顔の原因になるとも言われています。

 

赤ら顔が気になっているという人は、アルコールの過剰摂取も疑うようにして、病院を受診するか、アルコールの摂取を控えるように注意しましょう。

 

赤ら顔とアルコール

また、赤ら顔は、暴飲暴食によって引き起こされるケースもあります。焼肉を食べながら大量にお酒を飲む、タバコを吸うなどすると、皮脂の分泌量が増加し、ニキビや赤ら顔などの肌トラブルが悪化する原因にもなることを覚えておきましょう。

お酒以外にも肝臓に良くない料理はたくさんある

すでに病院や健康診断で、肝臓不良が原因で赤ら顔になっている、と診断されている人もいるでしょう。明らかにお酒の飲み過ぎが原因で赤ら顔になっているのであれば、まずは肝機能の回復に力を入れることが肝心です。

 

お酒やたばこの量を控え、塩分や糖分も摂りすぎないようにできるだけ気をつけましょう。また、肝臓に負担をかける激辛料理や刺激のある料理などはなるべく避けます。辛い物は自律神経を刺激して毛細血管を拡張させ、赤ら顔の原因となります。カレーやエスニック料理、キムチや四川料理などの激辛料理が好き!という方は、食べる回数をなるべく減らすようにしましょう。

 

また、ストレスなども肝臓には良くありません。悩みやうっぷんはなるべく溜めないように心掛け、休日にはゆっくりお風呂につかるなどでストレスを発散する習慣を付けるとよいでしょう。

 

食生活でも肝臓を元気に

「顔が赤いくらいでまさか肝臓が悪いとは思っていなかった・・・」と落ち込んでしまっているあなた。しかし、落ち込むのはまだ早いです。お酒やタバコが赤ら顔の原因になっている場合は、肝臓に良い食品を食べることで効果が期待できます。

 

例えば、ウナギやブロッコリー、レバーなどには抗酸化ビタミンがたくさん含まれています。ビタミンAやビタミンC、ビタミンEなどの抗酸化ビタミンは、肝臓で発生する活性酸素を抑制する効果があります。ほかにも緑黄色野菜や牡蠣、ナッツなどには抗酸化ビタミンが豊富に含まれています。肌トラブルで悩んでいる、という方は、これらの抗酸化ビタミンが含まれる食品を積極的に摂取するように工夫すると良いでしょう。

 

最近では、肝臓に良いドリンクやサプリメントも、ドラッグストアやコンビニなどで手軽に購入できるようになっています。こういったモノをうまく取り入れて、抗酸化ビタミンを多く摂取することにより、肝機能はかなり改善できるはずです。その結果、赤ら顔も気にしなくなることになり一石二鳥です。まずは、食生活の改善からチャレンジしてみましょう。

スキンケアの方法も見直そう

赤ら顔でお悩みの方は、スキンケアのやり方も見直しましょう。スキンケアや化粧品の内容次第でも、お肌の状態はだいぶ変わるはずです。さらに、自分に合った洗顔方法を見つけることも大事。スクラブやピーリングの入った洗顔料は使用を避けて、角質層を守るマイルドなタイプに変更してみるなど、肌へのダメージを減らすことが、赤ら顔対策につなげられるでしょう。他にも良い方法はたくさんあります。

 

自分でいろいろ方法を試しても赤みが消えない場合は、こことみへご相談ください。

 

まとめ

日本では赤ら顔は「酒さ(しゅさ)」とも呼ばれています。病気と言うよりは体質を指したもので、赤くなった顔がお酒を飲んで酔っ払っているように見えることや、お酒を好む人に症状が出やすいことからそのように呼ばれています。日本人は特に飲酒で肌が赤くなりやすい体質の人が多いため、赤ら顔に悩んでいる人も多くいます。そんな人はまずは、お酒やタバコの量を抑えるなど、小さな生活習慣の改善から始めてみてはいかがでしょうか。

 

お肌の悩みの原因や対策方法をご提案させて頂きます

cocotomi で詳細カウンセリングを受ける

cocotomi でお肌の状態をチェック

WEB フォームにて入力をお願い致します

cocotomi で対策されたお客様の声