ニキビ跡の赤みのケア

ニキビ跡の赤み対策方法

早期のニキビ跡の赤みを消していくには、新たな赤みを作らせないこと

ニキビができた後は、赤みが残っていきます。
単に美白商品や美白する美容機器を使えばニキビ跡の赤みを消すことができるか?というと、難しいです。

ニキビ跡の場合、赤みの他に、クレータやしこりなどの傷痕が残るかどうかは、毛穴内に皮脂がどれだけ停滞したか、進行状態(赤みの状態、肌が傷ついた深さの状態)、同じ場所によるニキビの発生などに左右されます。

ニキビが赤くなったり化膿してしまったりした後は、赤みが残ります。

普通の傷も、しばらくは赤色や赤紫色の傷跡が残りますが、やがて自然に赤色も赤紫色の色もとれて傷痕になります。ニキビも同じで、しばらくはニキビ跡の赤みは消すことはできないです。

ところが、いつまでも、当時の赤みが続く、以前よりも赤みが増してきたなどの状態が続く場合があります。

 

赤みが続く場合の要因

●新たな赤みを引き起こしている

外部刺激や同じ場所にニキビを発症させている

外部刺激は、不適切な化粧品の選択や対策方法の誤り、季節要因など。

ニキビ跡の赤みを改善するために購入した商品が実は、肌を傷つけていたり、治りにくくさせいたりすることがあります。または刺激が少ない商品でも対策内容が間違っていると、新たに肌を傷つけてしまっているために、なかなか赤みが消すことができないことがあります。自分の肌状態に見合った対策を行うことが改善を導きます。

季節による影響は避けることはできませんので、仕方ありませんね。
その分、肌が刺激を受けても傷つきにくい肌づくりをしていくこと、また、傷ついた肌を正常な肌状態に戻していく対策をしていく必要があります。

 

●赤みを改善する機能に問題がある

精神的ストレス、生活習慣の乱れ、食生活などが外部要因

精神的なストレスは活性酸素が増加することで、細胞にも傷つきやすくなり、肌にもかなりの影響を与えます。ストレスは誰もが持つものであり、ニキビ跡の赤みを改善するためにはいかにストレスを軽減し、ストレスに影響されにくい肌づくりができるかどうかにかかっています。

生活習慣や食生活などの、気を付けたいポイントは、アドバイスを行っていきます。

 

●もともとの肌自体に問題がある

刺激を与えないようにと、断食、メークはしない、水洗顔のみだけとか、何もしない対策を行う人がいます。
実際に、その方法については、判断が難しいところです。
自分で作る新たな刺激についてはなくなりますが、自分以外の普段の刺激に対して、対処できるかどうかが問題です。

肌状態によっては、普段ならなんともない刺激も、刺激になって赤みが続くという場合もあります。

よく自分の肌状態を認識して、ニキビ跡の赤みを消していける方法を考えていくとよいでしょう。

様々な要因が重なって、ニキビ跡の赤みが改善されないでいます。

今の対策で赤みが消えないのに、美白の商品を使ってみたり、美容機器を当ててみたりしたところで、赤みは消えません。赤みがなぜ、消えないのか?ということをご理解することが大切です。

 

●赤色をしたニキビ跡

 

 

●赤紫色をしたニキビ跡

 

 

いつ形成された赤みかによって、赤みの状態が異なります。

赤みが消えない要因を改めて、赤みを消す対策をすることで、ニキビ跡の赤みを沈静化し、もとの肌色に戻していきましょう。

●強い赤みの跡

 

まずは、新たな赤みの予防を行い、過去にできてしまった赤みを消していく対策を行うことで、頬にできたニキビ跡の赤

 

●なかなか消えない赤みの跡

改善されない赤みの要因を確認しながら、対策することで、頬のニキビ跡の赤みがみはなくなっていきました。

 

その他の体験談一覧をご覧下さい 。
ニキビの跡の赤みを消したい場合は、一度、ご相談下さい。

赤みの状態や今の対策内容によって、対策できるのか、または対策期間が異なってきます。