ニキビの原因はメイクアイテムにある?

ニキビの原因はメイクアイテムにある?

メイクが原因でニキビが悪化することもある

ニキビ対策をしているのに、次々に新しいニキビができて困っている、なんてことはありませんか?そのような場合、使っているメイクアイテムに問題があるかもしれません。

メイクの状態次第では、ニキビの悪化や脂漏性肌など、肌トラブルの原因になってしまうこともあります。今回はメイクアイテムごとに、気をつけるポイントをご紹介していきます。

 

皆さんも下記を元に、今お持ちのメイクアイテムをチェックしてみてください。

 

ファンデーション

パウダータイプの使用期限は、開封から1年くらいが目安です。

しかし、リキッドタイプなど液体ベースのものは雑菌が繁殖しやすいため、6カ月を目安とするものがほとんどです。成分が劣化したファンデーションは、購入時に比べると色や香りがわずかに変化していきます。

油分の酸化や、雑菌が繁殖したファンデーションを使うと、ニキビの増加や肌荒れを引き起こすことも。少しでも臭いや使用感が変わったと感じたら処分しましょう。

 ファンデーション

 

化粧下地

下地はメイク全体を安定させるため、肌に密着します。メイク中は常に毛穴がふさがれた状態になるため、それだけでニキビができやすい状態に。また、一般的な化粧下地には油分が多く含まれ、毛穴から分泌された皮脂と混ざって毛穴詰まりの原因にもなります。

マスカラ類

開封後から約4カ月が目安。マスカラはブラシでまつげや瞼に直接触れる回数が多くなるため、傷みやすくなります。睫毛や目の周囲の皮膚は他の肌に比べて弱く、もともとトラブルが起きやすい部位。マスカラを複数本所有している方は、知らない間に劣化していた、という場合があるので注意しましょう。

アイシャドウ・チーク

クリームは1年、パウダーは2年が目安。ブラシやチップではなく指で直接使う方はおよそ半分の期間を目安にしてください。マスカラと同じく皮膚などに直接触れる機会が多く、皮脂や雑菌が混ざって劣化しやすくなります。

粉ファンデーション 

メイクに使う道具にも注意

あなたの使っているパフやスポンジ、ブラシは清潔ですか?

メイクに使う道具は、肌に直接触れるものが多く、皮脂や汚れに加えファンデーションなどに含まれる油分が次第に付着・蓄積していきます。

そのため、黄色ブドウ球菌が繁殖しやすい状態です。理想は毎日洗うことですが、忙しい方には少々難しいかもしれません。使用するパフやスポンジの面を毎日変える、予備のスポンジやパフを用意しておくなど、きれいな道具でメイクするよう意識しましょう。

古い道具は使わない

清潔さも重要ですが、古い道具を使わないこともポイントです。パフやスポンジは、なるべく新しい物を使うようにしましょう。メイクをする時にスポンジがボロボロだったり、パフの毛が固くなっていたりすると、摩擦が起きやすくなり皮膚を傷つけてニキビの原因を作ってしまいます。また、ボロボロな状態の道具でメイクしても、思うような仕上がりはならないでしょう。

 こことみブランド

 

メイク道具は使い方次第で、健やかな肌つくりに必要なアイテム

メイクはニキビによくないという思いもあるかもしれませんが、実は、方法次第で、ニキビを隠したり、実際に、健康な肌にする為に必要なアイテムにもなります。

そのほかにも商品の種類やクレンジングの選び方で、肌の状態が変わってくる場合があります。

メイクやニキビの問題でお困りの方は、こことみまでご相談ください。

お肌の悩みの原因や対策方法をご提案させて頂きます

cocotomiで詳細カウンセリングを受ける

cocotomiでお肌の状態をチェック

WEBフォームにて入力をお願い致します

あなたと同じ悩みを乗り越えられたお客様の声

♠関連ページ

ニキビの原因

ニキビと化粧品の関係について