鼻の黒ずみは洗顔から

鼻の毛穴の黒ずみは洗顔から

鏡で鼻の黒ずみを観察してはため息をついていませんか?毛穴パックや洗顔など、一生懸命ケアしても改善されない、と悩んでいる方も多いはず。鼻の毛穴が黒い原因は、単純に汚れだけではないので、洗顔だけでは改善されません。間違った対策をしてしまうと、鼻の黒ずみが悪化してしまいます。このページでは毛穴が黒ずむ原因と対処方法を紹介していきますので、この機会にケア方法を見直してみてはいかがでしょうか。

 

鼻の毛穴が黒ずむメカニズム

毛穴に溜まった皮脂が酸化している

本来、皮脂線から分泌された皮脂は、毛穴に溜まることがなく排出されていきます。

しかし、何らかの原因で毛穴が詰まったり、分泌された皮脂が多すぎたりすると、皮脂が硬化していき、毛穴の中に長時間留まる状態が続きます。皮脂が毛穴から覗いた部分が空気と触れると、酸化して黒く変色していきます。鼻や小鼻の周囲は皮脂の分泌量が多く、黒ずみが起きやすい場所です。

 hana-1 hana-sirou

 

毛穴が開いたまま

間違ったケア方法を繰り返していると、毛穴が開いたままの状態になります。その結果、皮脂やゴミが毛穴の入り口に詰まりやすくなり、黒く見える原因に。

ドラッグストアなどで簡単に購入できる、鼻の毛穴パックは、毛穴内部の皮脂を無理やり引きずり出す道具です。

毛穴や皮膚を傷つけ、肌を守る角質層まで一緒に剥がしてしまいます。ダメージに反応して皮脂の分泌量が増えてしまう上に、毛穴が開きっぱなしの状態に。このままでは雑菌が侵入し、乾燥しやすい肌になってしまうので、毛穴パックの使用は考えなおすべきでしょう。

 M-hana NG

皮脂分泌量の増加

ストレス過多、睡眠不足の状態が続くと、自律神経のはたらきが乱れ、体内で男性ホルモン(テストロテン)が優位な状態に。男性ホルモンは皮脂の分泌量を増やしてしまいます。油分の多い偏った食生活も、皮脂の分泌量が増える原因です。

 

皮脂や肌の乾燥状態

洗顔は汚れを落とすことに有効ですが、皮膚を守るために必要な皮脂まで洗い流してしまう場合があります。皮膚表面に油分がない状態が続くと、水分がどんどん蒸発していき、肌が乾燥していきます。この状態の肌は角質がめくりあがり、雑菌などに対する抵抗力が著しく下がってしまいます。また、皮膚の乾燥状態が続くと、皮脂はどんどん水分を失って硬くなっていくため、余計に毛穴から排出されにくくなり、酸化して黒ずんでいきます。

 

間違った洗顔方法

しっかり洗顔すれば、鼻の黒ずみを除去できると思う方も多いでしょう。しかし、黒ずんだ皮脂は毛穴の中にあります。簡単に洗い流せるわけではありません。刺激や脱脂力の強い洗顔フォームの使用や、短時間に何回も洗顔する事は、肌が乾燥する原因になります。スクラブ洗顔やピーリング洗顔などは、肌を傷つけ、皮脂の分泌量を増やすので避けましょう。

肌が傷んでしまうと、乾燥して余計に皮脂分泌の機能が悪化。黒ずみを改善するための行為が、ニキビや炎症、赤み、かゆみなど、新たな肌トラブルを発生させる可能性もあるのです。

 ニキビについて

お肌の悩みの原因や対策方法をご提案させて頂きます

cocotomiで詳細カウンセリングを受ける

鼻の黒ずみ解消の対策

正しい洗顔をする

洗顔前に、ぬるま湯を使って、顔全体を濡らしながら温めます。皮脂を柔らかくほぐし、充分に毛穴を開いた状態にしておくことで、毛穴詰まりを解消できます。刺激が強い洗顔料は避け、充分に泡立てます。毛穴や皮脂が多い部分から泡をのせるように付け、汚れを自然に受かせるイメージで洗います。この際、ゴシゴシと擦らないことがポイントです。

鼻周辺の皮膚は薄く傷つきやすいため、摩擦によるダメージを与えないよう、泡を使って指の腹で丁寧に洗っていきます。すすぎは洗顔料が残らないよう、洗うより長い時間をかけましょう。それでも黒ずみが取れない!という方は、一度ニキビ対策のプロにご相談下さい。

 

保湿スキンケアを徹底

肌をしっかり保湿しておくことで、肌の乾燥を防ぐことができます。毛穴内部に溜まった皮脂が硬くなるのを防ぐため、毛穴からスムーズに排出されるようになります。洗顔したあとはすぐに、化粧水や保湿クリームなどで保湿を徹底しましょう。この際、鼻や小鼻の周辺、眉の中、Tゾーンなど、皮脂線が多い場所を重点的にスキンケアしましょう。肌表面を健康に保つことで、トラブルに強い肌を作ることにも繋がります。

 

基本的生活習慣を改善する。

そのほかのさまざまな肌トラブルへの対処方法と同じく、最も効果的な対策は、健康な生活習慣を継続することです。菓子類やインスタント食品は避け、ビタミン摂取を意識した野菜中心の食事を心がけましょう。

睡眠時は、一日の中で最も肌の回復力が高まる時間帯。最低でも6時間、生活リズムを調節してください。

ストレスや疲労は自律神経やホルモンバランスに負担をかけ、男性ホルモンの分泌量に影響しています。適度な運動や休息の時間を作り、自分なりにリラックスした状態を長く続けられるようにしましょう。

お肌の悩みの原因や対策方法をご提案させて頂きます

cocotomiで詳細カウンセリングを受ける

cocotomiでお肌の状態をチェック

WEBフォームにて入力をお願い致します

あなたと同じ悩みを乗り越えられたお客様の声