ニキビがなかなか治らないその原因は?

ニキビ症状が長引く原因

ニキビに良い商品、ニキビに効く薬、いろいろ対策しているのに、ニキビが良くならないことはよくありますよね。自分だけが良くならないと不安も生じてしまいますが、治らない理由を明確にすれば、長く悩んできたニキビも、解消できるかもしれませんよ。

 

普通は治るもの

ニキビが治らない人にとって、場合によっては「ニキビは治らないもの」だと決めつけている方もいるかもしれません。

しかし、ニキビは治ることが本来の姿です。

思春期は周囲の人達もニキビができていた人はいませんか?
でも知らない間に、ニキビがなくなってきれいな肌になっていますよね。

 

ニキビや赤ら顔などトラブルに悩まされたことがない人から見れば、なんであの人のニキビは治らないんだろうか・・・。
いつも顔にニキビができていることが、不思議に思うかもしれません。

  • ちゃんとニキビ対策しているのかな?
  • 不潔にしているからじゃない?
  • 早く病院に行けばいいのに・・・

・・・そんな風に思われているかもしれませんよね。


でも、きっとあなたは、周囲から思われている以上に、ニキビ対策を一生懸命行っていたり、病院に行って薬で対策をしていたり、生活習慣にもかなり気を配って生活しているのではないでしょうか?

かなり頑張っているのに、ニキビが治らないのは、とても辛いことですが、道筋さえ、しっかりしていけば、ニキビはおさまっていくものです。

こんな経験はありませんか?

商品や薬で対策しても治らない

  • 乳液や化粧水をつけても治らない
  • ずっと病院に通っているが治らない
  • 皮膚科で薬を付けても飲んでも治らない
  • ピルを飲んだけど、酷くなった

良くなったけど、またニキビができてきた

  • 最初は治ったのに、今は効果なくなった。
  • 対策してきれいになったのに、再発。それから同じケアをしても治らない
  • 一度はきれいになったけど、再発してひどくなった

長年ニキビができている

  • 20歳を過ぎたのに、治らない
  • ほっておいたら治ると思ったのに、治らない
  • 数年以上治らない

対策するほど酷くなる

  • だんだん酷くなってきた
  • ニキビ以外のトラブルが起きてきた

 

 

対策方法が間違っている

スキンケアも規則正しい生活習慣も実施している中で、良くならない要因としては、対策方法がそもそも適切ではない可能があります。

通常であれば、対策していくうちに、次第にニキビが減り、再発することも減っていきます。ですが、対策していても良くならない状況が続いているのであれば、対策に誤りがあるかもしれません。

対策方法が自分の肌にとって適切であるか確認してみましょう。
その前に、まずは、今起きているトラブルの原因は明確になっていますか?

 

お肌の悩みの原因や対策方法をご提案させて頂きます

cocotomiで詳細カウンセリングを受ける

 

ニキビとは違う病気?

ニキビがたくさんあるから、重症とか、ニキビが少ないから軽症というわけではないですが、様々なニキビの状態があるので、実際は、直接肌を見せたほうがよいと考えます。

薬の影響によるステロイドニキビや、粉瘤、ヘルペスウイルスなど、ニキビに似た症状もあります。

 

 

ニキビができるまでの段階

・肌の水分と油分のバランスが悪くなり、毛穴の皮脂が詰まり始める(白ニキビ、黒ニキビ)

黒ニキビ 白ニキビ

・皮脂を餌とするニキビ菌が増殖し始める。

・ニキビ菌が出す酵素が皮脂を過酸化脂質に変化させる

赤ニキビ

・痛みや痒みを伴うニキビ、赤いニキビ、黄色ニキビへ悪化

膿腫(のうしゅ) 膿疱(のうほう)

 ニキビが治らないまま、酷くなっていくと、最終的にはニキビ跡になってしまいます。
ニキビ跡は、以前は潰すと跡になると言われておりますが、潰さなくても、同じ場所にニキビが繰り返す、痛みや中でこもった痒みや痛みを伴うニキビができている場合は、「ニキビ跡」になる可能性が高いので、早期、ニキビを進行させないで、治してしまいたいですよね。もちろん、ニキビそのものを作らないようにする対策も重要です。

 

ニキビが長引く原因

間違った対策の実施

対策をいろいろ変えることで肌トラブルが起きている場合があります。

いろいろ対策すればするほど、肌トラブルの要因が複雑になってしまいます。対策を実施する前に、ニキビを減らしていく、予防していく為に、必要な対策とは何かということを知る必要があるのではないでしょうか?

 

生活習慣が影響している

肌トラブルは食生活や睡眠など、生活習慣の中でも症状に影響を及ぼすこともあります。

いくら肌に対して対策を一生懸命行っていても、生活習慣が大きく乱れていると肌の代謝も遅れや、皮脂量の増加に繋がります。

ニキビと食事

 

ストレスによる影響

ストレスは、活性酸素を増加してしまいます。活性酸素は、肌を傷つけてしまうので、肌トラブルがなかなか治らない要因の1つになります。

 

また、肌の弾力を担っているコラーゲンも変性してしまうので、シワができやすく、ニキビ跡が目立ち、肌荒れが起きやすくなります。

 

ニキビを長引かせない為にも、一度、あなたのニキビは何に対して影響しているのか、一緒に考えてみませんか?

お肌の悩みの原因や対策方法をご提案させて頂きます

cocotomiで詳細カウンセリングを受ける

cocotomiでお肌の状態をチェック

WEBフォームにて入力をお願い致します

あなたと同じ悩みを乗り越えられたお客様の声

当店のご案内

自己流では得ることのできないメリットが5つございます。

 

男性ニキビ

ご自宅でも肌トラブル対策が可能です。

♠関連ページ

ニキビが皮膚科の薬で治らない

色々試してダメだった酷いニキビ