薬とニキビの関係

薬によるニキビ治療は短期間で。

薬でニキビを治したいと思っている方

 

ついつい頼ってしまう薬ですが、いつまで使い続けますか?

薬については皮膚科もニキビ治療に力をいれて、ニキビに悩む方にとっては、対策方法が増えました。

化粧品やサプリメントなどで対策しても、改善されない場合は、医療機関による対策も1つの手段ですね。
またはドラッグストアなどで、手軽に購入ができるニキビの市販薬も売られています。

ニキビを治すためには、1つの手段ですが、使い方を間違うと、肌トラブルの要因になっていきます。
まずは薬の意味も知ったうえで、自分にあった対策方法を選択するとよいでしょう。

 

ニキビで使われるお薬の種類(ステロイド剤、抗生物質、抗菌剤)との使用について

アクアチムクリームやダラシンTゲル、ディフェリンゲル、ロコイドなどの塗り薬や、ミノマインなどの抗生物質の飲み薬を使った種類があります。

 

■皮膚を乾燥させてはいけない?

肌の表面を乾燥させるものもあります。 
ニキビは脂なので、  乾燥させることが有効な場合もあるかもしれません。
しかし、すでに肌が乾燥している状態ならば、それ以上乾燥させてもニキビがなくなる確率は低いでしょう。
本来は肌は潤っている状態です。肌も乾燥させることは、刺激を受けやすくなり、乾燥による痒みなども起きるので、皮膚に負担をかけることがあります。毛穴にある皮脂を乾燥させてしまうと毛穴から皮脂がでられない環境になってニキビをつくりやすくなります。

 

●使い過ぎによる肌の赤み・赤ニキビの増加

ニキビ薬による肌

いったんは薬を塗ったり、飲んだりすることで、治まるため、治ったかのように見えますが、薬を使用されてもニキビができるようならば、一時的なニキビではない可能性があります。
繰り返しニキビができるごとに、薬に頼り過ぎてしまうと、肌の免疫機能が低下してしまうことがあり、刺激を受けて赤くなりやすくなったり、肌が薄くなって赤くなりやすくなることがあります。

 

あなたのニキビは薬の副作用?

薬の使用期間が数か月、年単位と長くなる方がいます。
ご使用期間が長くなりますと、副作用が伴ってくる場合があります。

副作用の症状

・ニキビが増えてきた
・赤みが増してきた
・以前よりも肌が敏感になってきた
・中止するとすぐに悪化してくる
・以前よりも、酷くなってるような気がしてきた
・抗生物質や抗菌剤を使って治療しているけど、治らない
・1年以上続ければ治ると言われ続けてるが治らない

以前から繰り返しニキビができやすい人、長期悩まれている人は、薬による対策も長期になる可能性が高い為、副作用も知らず知らずに併発していることもあります。

繰り返す肌トラブルや、年単位で悩まされている方は、根本から対策することをお勧めします。

 

薬と縁が切れない状態に陥る依存症になっていませんか?

ニキビ薬を塗って治る場合もありますが、その際、大きな問題となるのが使用する期間です。
繰り返し発症する方は、知らずに使用期間が長くなることがあります。
本来は一時的なニキビが複雑なニキビになって肌トラブルが長期化しまう危険性がある場合があります。

塗る、飲むことをやめるとニキビが増えてくるので、酷くなることが嫌で、ついつい再度塗ってしまう、飲んでしまうことが、いつか依存となってしまうことがあります。

 

■自分の本当の肌状態とは、抗生物質や抗菌剤、ステロイド使用を中止した時

抗生物質や抗菌剤、ステロイドなどの治療薬で、軽減できても、使用を中止すると再発、痒み、赤み、炎症、カブレなどの症状を伴ってくる場合があります。

 実は、 薬の効果がきいてニキビが治ったように見えますが、本当の肌ではありません。
本来の肌は使用をやめた時です。それに気づかず、症状が治ったので薬の使用を止める、また症状が悪化したら、再度薬の服用を繰り返すなど、悪循環から抜け出せなくなってしまいます。

薬の使用をやめても、ニキビが再発しなければ、問題はありません。

ニキビの薬依存になってしまった方、薬を使用しない対策はあるのか?

まずはカウンセリングにおいでください

お薬を長年ご使用の方は薬による影響も出ている可能性があります。

しっかりと自分の肌を確認してみましょう。

♠関連ページ

ニキビの原因について

ニキビの根本的対策

ニキビの赤みについて

ニキビ跡について

お肌の悩みの原因や対策方法をご提案させて頂きます

cocotomiで詳細カウンセリングを受ける

cocotomiでお肌の状態をチェック

WEBフォームにて入力をお願い致します

あなたと同じ悩みを乗り越えられたお客様の声