イオン導入が効かない?ニキビ跡に効果的なイオン導入

ビタミンC誘導体イオン導入が合わない?ニキビ跡に効果的なイオン導入

ニキビ跡にはビタミンC誘導体の導入が良いと言われていたり、シミや美白目的などにもイオン導入が効果があるなどの情報がありますが、実際に、イオン導入が肌に与える効果はどうでしょうか。一緒に確認してきましょう。

イオン導入とは

メカニズムはイオン導入という名前の通りで、美容成分を分解して電気の力で浸透させています。

今持っている美容液に電気を流せば、いいのでは?と思う方もいるかと思いますが、どんな美容液も浸透するわけではありません。

本来、肌には、電気的なバリアが存在し、有害物質の侵入を防ぐ働きがあります。 そこを通り抜けるような美容液が必要なのです。

肌のバリア機能を通り抜けるには、粒子が大きい成分やイオン化できない成分は、導入剤には向いていません。

 

イオン導入はどんな効果あるの?

普段の化粧水を肌につける場合と比較すると、浸透力は約数十倍あるため、高い効果が期待できます。ただ、美容液の種類やイオン導入器の種類で、肌への浸透力はずいぶんと異なります。

ビタミンC誘導体や、プラセンタなどがあります。

  • ビタミンCは皮脂分泌過剰対策や、ニキビ跡の赤みや色素沈着やシミ対策で使う場合が多いです。
  • プラセンタは肌老化によるシワやたるみ対策、肌の代謝促進として使う場合が多いです。

 

イオン導入をすることによっての副作用は?

イオン導入はピーリングのように、肌を溶解するとか、針を刺すなど、直接肌を傷つけるだけではないのですが、タイミングを間違ったりすると、肌が悪化することもあります。

 

肌状態で悪化することも。

イオン導入器は電気を発生させます。肌状態が過敏になっている、肌荒れが強い時などは、導入による刺激で調子の悪い肌をさらに傷付けてしまうことがあります。

シミが消えるから、ニキビ跡の色素沈着によいからといって、肌状態を見極めず、実施すると、逆に悪化しまうこともありますので、肌状態をよく確認することです。

 

やり過ぎると悪化。

肌のバリヤ機能を一時的に緩めて行うので、毎日行うと、美容液は浸透しても、肌の刺激を与えすぎて、赤みがでてくることもあります。

 

流す電流値が刺激になることも。

電流値と波形が肌に適していないと、刺激になることがあります。

 

美容液の管理、選択。

美容液の保管状態 家庭用のイオン導入とか皮膚科や美容皮膚科でイオン導入が可能ですが、美容液の保管状態が悪いと、劣化した美容液を肌に浸透させることに繋がり、肌を刺激して、悪化することがあります。家庭用の場合、美容液の選択にも注意が必要です。

 

イオン導入を実施したけど効果なかった・・ 

●イオン導入だけで結果はでない

イオン導入だけすれば、ニキビ跡の赤みや皮脂過剰などの脂漏性の赤みに効果があるかと言えば、そうではありません。

 

例えば、ニキビ跡の色素沈着は、普段の紫外線の影響や、間違ったスキンケアなどで、新たな色素沈着が起きる為、色素沈着はずっと肌に残ります。

肌のターンオーバーを正常にしていく為の正しいスキンケアや睡眠時間や栄養バランスと取れた食事に気を付けたり、様々な方向から対策をしていくことが大事です

 

●肌状態を確認

実施する前の肌の状態 イオン導入の電流や美容液以外にも実施する前の肌状態が大事です。 例えば、メイクの落としや、汚れが不十分でありますと、美容液も浸透しにくくなりますし、有害なものまで、一緒に浸透してきます。

しっかりと、肌状態を整えてから、イオン導入する必要があります。

 

 

ニキビ跡の赤みやニキビ・脂漏性皮膚の症状を解決していくには、正しいスキンケアや生活面も気をつけた中で、上手にイオン導入を併用すると、解決されやすくなるでしょう。

睡眠とニキビニキビと運動

 

基本的なスキンケアから、見直してみませんか?まずはご相談下さい。

cocotomiでお肌の状態をチェック

WEBフォームにて入力をお願い致します

お肌の悩みの原因や対策方法をご提案させて頂きます

cocotomiで詳細カウンセリングを受ける

あなたと同じ悩みを乗り越えられたお客様の声

♠関連ページ
ニキビ跡について

ニキビ跡とクレーター

当店のご案内

自己流では得ることのできないメリットが5つございます。

 

男性ニキビ

ご自宅でも肌トラブル対策が可能です。