ニキビ跡クレーター

消えにくいクレーター対策について

赤みが消えても、最後に目立つのはクレーター

よく手でつぶすとクレーターになるといわれているが、確かに潰すとニキビ跡になる可能性はあります。

逆に潰さなくても、クレーターを形成することにもなります
それはもともとの体質もありますし、ニキビの状態にもよります。

今はニキビ跡はできていないと思っていても、すでにニキビが発症している時点で、クレーターを形成する可能性があるということです。

ニキビが発症している以上は、クレーターにさせない為の対策が必要になります。

 

クレータにさせない為にできること

●ニキビの予防
●今あるニキビを進行させないこと
進行させない為に、化膿させないことです。
もともと化膿しやすい人は、クレーターになりやすいです

 

●クレーターは、肌の中では傷跡です。

クレーター対策は短期間での肌ケアだけではなく、自分の体質を確認しながら対策を検討していきましょう。

 

●クレーター治療が治りにくくさせる。

レーザーやピーリングは跡を薄くするとか、赤みが消えるなどと、クレーターには有効ということも言われています。しかしながら、すべての方が有効というわけにはいかないです。

ニキビが多数赤くなってる時や、跡が目立つ赤みある時、肌が過敏になっている時などは、ピーリングやレーザーをすると、逆に肌状態が悪化することもあります。自分の肌状態をよく確認して下さい。

レーザーやピーリングの意味を確認してみましょう。
ピーリングについては「ピーリング」のページを

形成したクレーターも正しく対策することで、徐々に改善の兆しが見えてくる

ニキビ跡の赤みも消えず、クレーターもできていましたが、どこに何をするかを考え対策して頂きました。ニキビ跡の赤みが薄くなり、クレーターも徐々に目立ちにくくなっていきました。

ago-ato-1

 ago-ato-2

 

 

 

 

 

著作権者の承諾なしに無断で他の電子メディアや印刷物に転載したりする事を禁じます。

 

クレーターの肌対策は根気がいりますが、あきらめないこと!

 同じ場所にニキビができれば、ニキビ跡は深くなり、改善期間もそれだけ長くなります。
ニキビを予防しながら、クレーターの改善対策を同時進行で実施することです。

まずはカウンセリングにて、ご相談下さいませ。

お肌の悩みの原因や対策方法をご提案させて頂きます

cocotomiで詳細カウンセリングを受ける

cocotomiでお肌の状態をチェック

WEBフォームにて入力をお願い致します

あなたと同じ悩みを乗り越えられたお客様の声

ニキビ跡については「ニキビ跡」のページへ

ニキビ跡の赤みについては「ニキビ跡赤みの対策」のページへ