赤ら顔の赤みの強さによっては、ご自身以上に、周囲の方が心配される場合も多いのではないでしょうか?赤ら顔は日常生活面において、赤ら顔を引き起こす内容もありますが、一方で、誘発をさせない対策もあるわけです。赤みをマスクで隠す、メイクで隠す、日焼けでごまかして過ごす生活も悪くないですが、やはり、人から赤みを心配されない肌になりたいですよね。
今、どうして赤みが起きているのか、どういう状態なのか?と言うことを知ってから対策してもよろしいのではないでしょうか?

こんなお悩みありませんか?

  • 顔は火照るのに身体や手足は冷たく感じる
  • 肌がべたついて、赤い
  • 最近急に肌が赤くなってきた
  • 飲酒していないのに、「お酒を飲んだの?」と聞かれる
  • 赤みが強く、メイクでも隠れない
  • 顔が赤いせいで好きな色の服が着られない
  • 一度赤くなると、いつまでも赤みが続く

こことみの赤ら顔対策

  • 肌の保湿力を高める

    肌の保湿力を高める

    赤ら顔の方は、pHのバランスや水分を保つ働きが弱いため、外からの影響を受けやすく、皮膚トラブルを起こしやすいといわれています。対策にて、肌本来の保湿力を高めていきます。理想の肌状態には、継続的なケアを行い、肌環境から、整えていきます。

  • 刺激から守る

    刺激から守る

    正しいスキンケアで刺激を少なくしていきます。店舗サポートで肌を保護するケアを行い、赤みを減らしていきます。また特殊保護メイクで、気になる肌の赤みを簡単に隠しながら、肌を守ることで、ストレスも軽減します。

  • 環境に影響されない肌つくり

    環境に影響されない肌つくり

    赤ら顔になりやすい方は、気持ちの変化(ストレス、動揺)、食生活面、生活環境(紫外線、湿度)の影響を非常に受けやすい状態です。
    刺激から肌を守りつつも、日常生活面の影響を受け難い肌に整えていきます。

赤ら顔対策の例

赤ら顔は、普段の生活面の中にも要因がたくさんあります。赤みを引き起こしている原因を認識して頂き、対策を行っていきます。

赤ら顔の原因

  • パターン 01

    皮膚の薄さ

    皮膚が薄いと、皮膚に存在する毛細血管が外部から見えやすくなり、その為、肌が赤く見えます。肌薄くなる部分は、2つあると考えられています。それぞれが、薄くなる要因をまずは確認して対策に望むことです。誰でも、気温の変化が激しい時や肌トラブルが起こった時、皮脂によって皮膚に赤みが出ることはありますが、どこが問題で赤ら顔になっているのか、確認してみましょう。

  • パターン 02

    毛細血管の拡張

    赤ら顔の原因は、毛細血管の拡張が影響します。その証拠として、顔が青白く見える場合がありますが、それは寒い時や、体調が悪い時などは全身の血管が収縮している為です。逆に、気温の変化や飲酒、運動後や食事後は、血流が促進される為に、毛細血管が拡張して、顔が赤くなるのです。
    血管の拡張収縮は誰にでも起こり得ます。ただ、これらの影響を受けやすくなると、ちょっとしたことでも、すぐに拡張して、赤くなります。血管が拡張しやすくなる要因は、自ら引き起こしていることがあります。

  • パターン 03

    肌トラブル

    ニキビや肌荒れ、かぶれなどの肌トラブルが起きて赤みが起こることも原因になります。外部刺激や乾燥から守る為の皮膚のバリア機能が低下していることで、肌が敏感になり、埃や花粉が付着する、髪の毛が触れる、触るなどの、ちょっとした刺激で、赤みを引き起こしてしまいます。

  • パターン 04

    オイリー肌

    昔からニキビやテカリ、べたつきが気になる方は、注意しなければならないのですが、皮脂によって赤みが引き起こされて現れることもあります。ニキビ以外にべたつきやテカリになる人は、脂漏性皮膚に移行していく場合もあります。

赤ら顔が伝える肌のシグナル

  • 乾燥した赤ら顔

    乾燥した赤ら顔

    肌表面が乾燥して、肌のバリア機能が弱まっています。皮膚や毛細血管、神経が敏感になり、少しの刺激にも反応して赤くなります。

  • 脂漏性皮膚

    脂漏性皮膚

    顔の毛穴ひとつひとつが赤くなり、二キビが出来やすくなる赤ら顔のです。皮脂が過剰に分泌されて細菌類が増殖し、剥がれた角質が酸化しています。

  • 強い火照りやかゆみ

    強い火照りやかゆみ

    頬全体に強い赤みを伴います。この状態の肌は刺激に敏感なため、慎重な対策が必要です。

  • かぶれに近い赤ら顔

    かぶれに近い赤ら顔

    皮膚の表面にツヤがなく、かぶれたような強い赤みが全体に広がっています。かゆみはありませんが、肌に大きなダメージがある状態です。

  • 肌が薄い赤ら顔

    肌が薄い赤ら顔

    肌が薄く、毛細血管が透けて見えるために起こる赤ら顔です。

※掲載写真すべてについて

  • 著作権者の承諾なしに無断で他の電子メディアや印刷物に転載する事を禁じます。
  • 無断転載しているサイトを見つけた方はご連絡を頂けると幸いです。
  • 痒みと赤みが強く起きている場合は、自己判断で対策するより、まずはご相談下さい。
  • 経歴が長い方やいろいろ対策されてきた方は慎重な対策が必要になります。