頬の赤みの原因はやり過ぎな清潔対策

頬の赤みの原因は清潔にし過ぎた為

頬の赤みは過度な洗顔やべたつきが気になる為に洗顔によって必要以上に皮脂を洗い流した結果でもあります。

 

皮膚は常在菌によって守られていますが過度な清潔志向や気分的なことでゴシゴシ洗い過ぎると、体表面の常在菌までもが少なくなってしまいます。

すると、肌のバリヤ機能の低下することで、痒みや赤み、乾燥肌などのアレルギー症状を起こしてみたり、ニキビの悪化や赤みの悪化を引き起こしたり、今まで以上に肌状態が悪化してしまいます。

●頬の赤みは男性が多い

日本人はもともと清潔好きでもありますので、顔もついつい洗い過ぎてしまったりすることで、知らない間に肌が傷ついて、頬に赤みがでてくるようになります。

特に多いのが男性です。

男性は、ホルモンの関係で、皮脂の分泌量が女性に比べて多いため、テカリやべたつきが起こりやすいです。

顔を洗うことによって、一時的に皮脂が洗い流されてしまうので、それらのベタツキやテカリがなくなります。ベタツキやテカリを解消したいゆえに、過度な洗顔などを起こしてしまい、結果的に頬の赤みを招きます。

頬の赤みが起きやすいのは、皮脂の排出量が多いためであり、べたつきや脂肌、テカリを気にされている方にとっては、頬だけを集中的にケアをするからです。

 

 

●頬のべたつきと赤み

 

 

普段のスキンケアで肌トラブルを引き起こしている場合は、見直しが必要になります。何もしないケアでも、肌が赤くなる場合は、それだけ肌が傷ついている状態ですので、対策をすることをお勧めします。
 

●ほてりを伴う、頬の赤みのトラブル増加

女性でも、頬の赤みが増えてきています。

それは、チークをする機会が増えたことです。メークの上に仕上げにチークを付けることの繰り返しが、知らぬ間に頬の赤みを増大させてしまうことになるのです。

繰り返し刺激を与えてしまうと様々なものに刺激を受けやすくなる為、温度によっても左右されるようになります。それが、結果的に血管を拡張させて、赤みが発症するのと同時にほてり感を感じるようになります。

 

 

●頬の乾燥と赤み

頬の赤み 

 

 

●頬の赤みは即効で発症するものではなく、長年のケアによる

頬の赤みは一日でできることはありません。頬の赤みのほとんどは、繰り返し刺激を与えたことによって起きる赤みです。一時的な赤みは、起きることはあると思います。

何度も赤みを起こさせる行為をしていますと、免疫機能が次第に低下して、様々な刺激に対して、過敏に反応するようになってしまいます。

一日でできた赤みは即効で赤みを消すことはできません。
免疫機能を低下させずに、対策していくことです。

頬の赤み対策方法のご提供はこことみにお任せ下さい。

ぜひ、一度ご相談ください。

お肌の悩みの原因や対策方法をご提案させて頂きます

cocotomi で詳細カウンセリングを受ける

cocotomi でお肌の状態をチェック

WEB フォームにて入力をお願い致します

cocotomi で対策されたお客様の声