黄色いカサブタと脂漏性皮膚

黄色いカサブタと脂漏性皮膚

頬にできた黄色かさぶたを改善する方法

顔が赤い状態が続いていたと思ったら、頬に黄色いカサブタができてしまったことはありませんか?

最初は、黄色の柔らかいカサブタが、次第に、硬くなっていきます。肌ざわりは、もちろん、ザラザラ。化粧をするにしても、うまくできません。

カサブタを無理にはがしてしまうと、酷い痒みが起きる場合があります。

剥がしたカサブタには、また同じ黄色くカサブタができてしまいます。

通常はカサブタができて、自然に剥がれて、次第に解消されていきます。

しかし、黄色にカサブタの場合、いくら時間がたっても、一向にはがれることがなく、洗顔すれば、ふやけて、柔らかいカサブタになるものの、時間がたてば再び、黄色く硬いカサブタが出来上がります。

kiro-kasabuta

黄色いカサブタの正体 

血漿成分が皮膚組織内に漏出したものです。普段、切り傷などをしたときに、傷口から出る水っぽく透明な液状のものが分泌されるものが、血漿成分です。

肌が傷を負おうとその部位の毛細血管が拡張、血管の透過性が高まり、血漿成分が皮膚組織内に漏出して滲み出てきます。これは、切り傷以外に、炎症が起きている場合も、それらの症状が起きます。 つまりは、黄色のカサブタができるときは、肌が炎症から傷を負っているという状態です。

改善策は傷を改善すること、同時に赤みを起こさない対策です。

それを行わないまま、赤みを抑える対策、痒みを抑える対策をしても、改善されるわけではありません。

 赤みがどこから起きているのかを突き詰めていく必要があります。

 

cocotomiでお肌の状態をチェック

WEBフォームにて入力をお願い致します

黄色かさぶたの起こりやすい場所

皮脂の多い場所にできやすい為、鼻から頬にかけて、黄色がかったかさぶたができます。厚さも違います。

または、頭皮や生え際などに発症することもあり、一見フケのように見えます。しかし、黄色いカサブタの下の皮膚や、周囲の皮膚に炎症が起きている場合、フケではない場合があります。

 

脂漏性皮膚の方がなりやすい症状

最初は小さなニキビから始まり、やがて顔に赤みが広がり、目の周り以外が赤くなっていきます。軽い痒みや痛みがある程度が、次第に、痒みと赤みが強くなって、脂漏性皮膚の症状が悪化します

赤みとシミ交じりの毛穴の開いた頬

できてしまったカサブタの改善対策方法

黄色カサブタがどのようにして発症してきているかによって、対策方法が違います。

その為、過去の経緯が非常に重要になります、また、実際にカサブタといっても、どのような経緯でカサブタになってきたのか、生活習慣など、様々なことが影響していますので、ご来店してのご相談をお勧めします。

場合によっては、当方の対策では、対応できない症状もありますので、まずは、そのまま放置はせずに、肌診断をされることをお勧めします。

実際にこことみで対策を体験したお客様の声はこちら

頬から鼻にかけて発症していた黄色かさぶた

P9073915 PA164157

当店では、症状や肌質を実際に目で見て、あなたの肌質と症状に合った適切な改善策をご提案いたします。

こことみの改善方針は、美容機器類や薬品の力に頼らないため、余計な副作用を気にする必要もございません。黄色いカサブタでお悩みの方は、ぜひ一度こことみの店舗までお越しください。

当店のご案内

自己流では得ることのできないメリットが5つございます。

 

男性ニキビ

ご自宅でも肌トラブル対策が可能です。

 

体験談

お肌の悩みの原因や対策方法をご提案させて頂きます

cocotomiで詳細カウンセリングを受ける

cocotomiでお肌の状態をチェック

WEBフォームにて入力をお願い致します

あなたと同じ悩みを乗り越えられたお客様の声

♠関連ページ

脂漏性皮膚の症状について

脂漏性皮膚の対策方法について