若い間は、部活やレジャーで、日焼けをしても、シミになることは少ないので、一切気にしていない人も多いのですが、気が付けば、シミ?!ができている。そのようなことはありませんか?1度シミができると、消えるところか、次第に濃くなってしまうシミ、厚化粧をしないと隠せれないのは、悲しい悩み。
シミが増えてくると、年齢よりも、老けた顔に見えてしまいます。シミのできるメカニズムを知って、普段から対策を行っていきましょう。

こんなお悩みありませんか?

  • ニキビ跡がシミになった
  • まだ20代なのにシミが増えている
  • 両頬にシミができた
  • やや盛り上がったシミができている
  • シミが濃くなってきた

こことみのシミ対策

  • シミを作らせない

    シミを作らせない

    シミを作るのはメラニンです。メラニンが過剰に生成される要因を対策していきます。

  • シミを濃くしない

    シミを濃くしない

    シミは油断していると、濃くなっていきます。できたシミをこれ以上、濃くしない為に日常生活やスキンケアでシミ対策を行います。

  • メラニンが排出される仕組みを整える

    メラニンが排出される仕組みを整える

    通常、日焼けしてメラニンが生成されても、肌は代謝を行うことで、徐々にメラニンが押し上げられて、排出されていきます。きちんと、メラニンが排出されていくように、肌を整えていく対策を行います。

シミ対策の例

普段のスキンケアの見直しを行い、メラニンが作られないように対策を行いました。

シミの対策の注意事項

  • シミは肌の奥に潜んでいます。

    シミは肌の奥に潜んでいます。

    年齢を重ねるにつれて、シミができてきた。そろそろシミ対策をしようかな・・と思っている場合。それでは、遅すぎます。ぽつんと、頬にできたシミ。まあ、1つくらいなら、大丈夫と思っていると、みるみるうちに、シミが増えてしまうことがあります。

    すでに、シミができてしまった方も、これ以上増えることはなくても、できたシミが濃くなっていくことは、大いにありますので、安心してはいけません。シミに悩むことのない肌で過ごせるよう、シミを増やさない、濃くしない対策をしっかり行っていきましょう。

  • 美白化粧品だけでは解決は難しい?

    美白化粧品だけでは解決は難しい?

    シミと言えば、美白の化粧品というのが当たり前のようになっています。実際、世の中には、美白化粧品が販売されていますが、シミに悩む人が大勢います。美白だけではシミは解消されないことが多いです。
    新たなシミを作らないように対策しないと、いくら美白の化粧品を使っても、なかなかシミの悩みは解決されないのです。

    シミは老けてなくても、できやすい状況で生活をしていれば20代でもシミはできてしまいます。普段から、シミを作らせない対策を行っていきましょう。

シミ肌のお役立ち情報