しわの原因と対策

しわの原因と対策

年齢を重ねれば「シワができるのは、仕方がない」 確かにこれは事実ですが、老化は止められません。
ただ、普段から、老化以外にもシワを作る要因は存在しており、対策次第では、シワを少しでも少なくする、目ただなくすることも不可能ではありません。
まずは、シワになる原因をしっかりと認識しましょう。

しわの原因

真皮の線維の減少と劣化

皮膚の弾力を保っている場所は、真皮に存在するコラーゲンとエラスチン線維です。
真皮に存在している線維芽細胞が、コラーゲンとエラスチン線維、基質を作り出してります。また同時に、古くなったコラーゲンとエラスチン線維の分解も行っています。
シワは、この真皮に存在するコラーゲン線維とエラスチン線維の劣化や減少によって、シワを作りだしてしまいます。

年齢とともに、できるシワも、真皮に存在する線維が劣化や変質することで、シワになります。
また同時に、線維芽細胞の能力が低下して、コラーゲンとエラスチン線維を合成する量も減ってしまいますので、年齢を重ねるとシワができてくるのです。

皮紋が深く不規則になる

皮膚の表面には、「皮溝」があります。その溝で囲まれて盛り上がったところが、「皮丘」です。
そして「皮溝」が交わるところに毛穴があります。皮溝と皮丘でできた線(模様)が「皮紋」です。

皮溝が浅く細かく、そして皮丘の大きさや高さが均一の人ほど、きめが細かい肌ということです。しかし、皮膚の表面が乾燥してくると、皮膚の表面が荒れてきてしまいます。
そのため、皮溝と皮丘の幅が広がってしまい、皮紋が不規則な編み目状になります。それが、キメが荒い肌になります。さらに、その溝が一定方向に深くなるとシワになります。

しわの要因

●紫外線

紫外線を浴びると、皮膚の中で活性酸素が発生し、その活性酸素が、細胞を傷つけてしまうと同時に、コラーゲンとエラスチン線維を分解する酵素が増加してしまいます。
そのため、肌の乾燥やシワを作りだしてしまいます。
また、紫外線は線維芽細胞の合成機能が低下させてしまうので、コラーゲンとエラスチン線維の作る量が減ってしまうことで、肌の弾力やシワの原因になります。
このように、紫外線対策を怠っているといずれ、深いシワになってしまいます。

●急激なダイエット

断食や食事だけのダイエットをされた場合、脂肪は減るが、筋肉を鍛えていない為に、支えきれずに、たるんでしまいます。顔がたるんでいると老けて見えてしまいます。

●栄養バランスが乱れている

大きなシワは、皮膚の中央の真皮にあたる線維が劣化したり、合成能力が低下したりする為です。
その合成や分解を行っている線維芽細胞に栄養が行き届いていないと、ハリや弾力を作り出すことができません。
食生活が乱れていたり、ダイエットによって食事制限をすることで、栄養不足になると、シワができやすくなります。

●ストレス

ストレスが続くことで、活性酸素が増えていきます。
その活性酸素が真皮の線維を劣化させたり、コラーゲンとエラスチン線維を分解する酵素が増加してしまうことで、シワが増えてしまいます。

シワの要因は今まで浴びてきた紫外線の量や毎日の食事、普段のスキンケアが積み重なってできたものです。
老化以外のシワの場合、長い年月かけてつくられてきた為、目立ちにくくするにしても、時間のかかるもの。だからこそ毎日の肌を整える対策は必要ですね。

ぜひ、正しいスキンケアを実施してみたい、シワ対策をしたい方は、一度ご相談ください。

cocotomiでお肌の状態をチェック

WEBフォームにて入力をお願い致します

しわの対策

深いしわの場合は、加小じわは表皮にできているので、対策をしっかりすることで、多少の変化はみられるかもしれません。
年齢以外のそれ以上に、深シワを作らないように、余分なしわを増やさない為の予防対策を日頃行うことが大事です。

乾燥させないこと

小じわは肌の水分が不足したことで、皮溝が深くなり、しわができたものです。
肌が乾燥しないように常に潤いを保つ対策がしわ対策にもなります。
皮膚の一番上部に存在する角質層には、角質細胞と天然保湿因子と細胞間脂質が存在しております。

天然保湿因子は吸湿性と保湿性に優れており、肌の潤いには欠かせません。
細胞間脂質は水と馴染やすい部分と油と馴染みやすい部分があり、それが規則正しく並ぶことで、水分を保持しています。
しかし、肌に強い刺激や摩擦などを与えてしまうことで、肌荒れが起きてしまい、潤いにかかせないそれらが、不足や不規則な状態になることで、水分を保持できず乾燥してしまいます。

肌の代謝を整えること

天然保湿因子や細胞間脂質は代謝する中で生成されてきます。
代謝が乱れていると、それらが不足することになり、乾燥に繋がります。
いくら上から保湿をしたところで、すぐに肌が乾いてきてしまう人は、天然保湿因子や細胞間脂質が不足している可能性があります。

単に、保湿効果の高い化粧水やクリームを塗ったところでも、正常な代謝が行われていないと、乾燥してしまいます。
肌の代謝を整えて、水分保持をしっかりと行いましょう。

紫外線対策はしっかりと

紫外線は一年中存在しています。紫外線が強い夏の時期だけ紫外線対策をするだけではなく、一年中対策するとよいです。
紫外線の影響は、すぐにしわになるわけではないのですが毎日の紫外線の影響が積み重なって、真皮層の線維を劣化させていきます。

外出時は、 日焼け止めの使用はおすすめします。 日焼け止めは、一回塗ればよいものではなく、何度も塗り重ねが必要です。特に紫外線の強い時期は、日焼け止めを塗ったつもりが、日焼けしてしまったということもあります。
正しい日焼け止め方法で、紫外線対策しましょう。日焼け止めと合わせて、日傘や帽子などを利用するといいですね。

表皮のシワではまだ対応ができても、真皮のシワは対応がなかなかできません。
化粧品で、コラーゲンやエラスチンなどの成分を外から塗っても、それらが直接、コラーゲンやエラスチンの増加になり、シワの解消になることはありません。
真皮層まで浸透することはないからです。肌の仕組みが正常であれば、表皮のバリア機能が働き、それ以上浸透することはないようになっています。

しわは予防対策が大事。

しわができてからの対策よりも、予防対策が大事です。日頃から、正しいスキンケアの実施や紫外線対策、そしてストレスや睡眠など生活面にも気を付けて過ごしましょう。
ただし、表皮上のシワでも、細かいちりめん状のしわの場合は、単に乾燥や弾力の低下だけのしわでない可能性があります。
しわについてお悩みの方や正しいスキンケア対策を行い方は一度ご相談ください。

お肌の悩みの原因や対策方法をご提案させて頂きます

cocotomiで詳細カウンセリングを受ける

cocotomiでお肌の状態をチェック

WEBフォームにて入力をお願い致します

あなたと同じ悩みを乗り越えられたお客様の声

当店のご案内

自己流では得ることのできないメリットが5つございます。

 

男性ニキビ

ご自宅でも肌トラブル対策が可能です。

 

♠関連ページ

しわ・たるみの特徴