赤ら顔の時、洗顔した後「つっぱる」時ありませんか?

赤ら顔で悩まれている方や肌荒れで肌の赤い方は洗顔後は肌がつっぱることがありませんか?

洗顔後、肌がつっぱる場合、洗顔フォームは使わないほうが良いのか悩む人もいますね。

洗顔をすれば、多少は皮脂や水分も落ちてしまいます。
そのため、しばらくすると、乾燥するような、ツッパリ感を感じる人もいるかと思います。
もともと、赤ら顔の場合、肌の水分が少なくなっていたり、肌が過敏になっているので、ちょっとした乾燥でもツッパリやすくなります。

 

赤ら顔の方は洗顔フォーム選びは慎重に

赤ら顔専用の洗顔フォームを選べばよいわけではなく、まずは、なぜ、肌の赤みが起きているのか、肌の状態を理解したうえで、洗顔を考えることが大事です。

脱脂力の高めの洗顔フォームは肌が乾燥してしまいますので、控えたほうが無難です。
また、メイク落としも洗顔でできるタイプは洗浄力が強いので、場合によっては、必要な皮脂や細胞まで洗い流されてしまい、肌のバリヤー機能が低下してしまいます。

 

洗顔を使わないのではなく、その後の保湿をしっかりすることが大事です。

もともと肌に水分がたっぷり備わっている場合、洗顔することで、皮脂が洗い流されたり、水分が蒸発したとしても、ツッパリ感もあまり感じないかと思います。

洗顔して乾燥しやすい人は、もともと肌の水分や油分が少ない人の可能性があります。
ですので大事なのは、洗顔後のスキンケアです。

洗顔後、スキンケアをしなければ、肌の水分はどんどん蒸発してしまいます。
肌の水分が蒸発することで、肌のバリヤー機能が低下し、細菌や埃や化学物質の侵入が起こり、肌の赤みや痒みを引き起こしやすくなります。

洗顔だけでは、肌の赤みが消えるどころか、逆に赤みを引き起こしやすくなるので、洗顔後のスキンケアもしっかり行いましょう。

 

洗顔フォームを使わなくてもつっぱるときはツッパル

洗顔フォームがつっぱる原因だと思っている方も多いですが、温度が高いお湯で洗えば、水分は蒸発しますので、ツッパリ感がでてきてしまいます。かといって、冷水では汚れが落ちにくいですし、血流の低下を招いて、栄養や酸素が送られにくくなります。
洗顔フォームを使わなくも、洗い方や洗う温度で肌のツッパリ感は変わっていきます。

 

洗顔フォームを控える時とは

  • 黄色い汁がでて、カサブタができている
  • 化粧水やクリームをつけると、ずっとヒリヒリ、しみる
  • 何もつけなくても、ヒリヒリ、痒い
  • 薬の副作用が発症している
  • 洗顔してスキンケアをしても、つっぱり感が抜けないこと。
  • 皮剥け(目でも見える角質が剥け)が起きている

 

洗顔は毎日行いましょう。

毎日、肌には色んなものが付着します。刺激物などは、きちんと洗い流さなくてはなりません。
顔を洗わない方法も世の中にはあるようですが、油汚れは次第に空気と触れて酸化し、肌を刺激してしまいます。また、花粉や化学物質などが付着したままでは、アレルギー反応や肌に刺激を与え続けるので、毎日、洗顔はしましょう。

肌を清潔にする上で、洗顔フォームで洗顔することは基本です。あとは、洗顔フォームの選び方、洗顔方法が重要になります。

 

赤ら顔や肌荒れなどにお悩みの方は、洗顔から見直してみませんか?
「こことみ」では、個々の肌状態に見合った洗顔方法をお伝えさせて頂きます。

ご相談下さい。