脂漏性皮膚は目の周り以外の赤みやざらつき、べたつきが特徴

脂漏性皮膚は目の周り以外の赤みやざらつき、べたつきが特徴

脂漏性皮膚(脂漏性湿疹)とは

脂漏性皮膚は、皮膚の表面に赤みやかゆみを伴う症状です。

頭皮や顔面など皮脂の分泌が多い部位に発症することが多く、表面のざらつきや毛穴の開き、発疹が見られます。

赤みや発疹に伴って皮膚表面の角質などが剥がれやすくなるため、油っぽいフケや瘡蓋(かさぶた)のような老廃物が付着するようになります。皮脂や老廃物が酸化すると、体臭の原因になり、見た目のイメージも清潔感を欠くため、早期の対策をおすすめいたします。

 

脂漏性皮膚の原因

脂漏性皮膚は、「マラセチア(真菌)」と呼ばれるカビの一種による皮膚のアレルギー反応が関係していると言われています。

マラセチアは皮脂を好んで繁殖する、誰の皮膚にも存在する常在菌です。そのため、皮脂の量が多くなるとマラセチアも過剰に繁殖するようになります。

マラセチアは皮脂を分解する際に、皮膚を刺激する物質を分泌するため、赤みやかゆみといった症状が表れ、赤みの原因になります。
気温や湿度が高い季節は皮脂の分泌量が増え、紫外線によって皮脂の酸化が早まるので注意が必要です。

 

「マラセチア(真菌)」が肌からいなくなれば良いというのは間違い

「マラセチア(真菌)」が原因だったとしても、もともとは、常在菌です。
本来、常在菌は、トラブルを起こさず生息し、他の有害な菌類の繁殖を抑えるような役割を持っています。肌にはたくさんの常在菌が存在し、バランスを保っています。
マラセチア菌を死滅させることで、肌の常在菌のバランスが余計に崩れてしまい、肌トラブルを招くこともあります。
脂漏性皮膚を良くしていくには、常在菌のバランスも大事なことです。

 

脂漏性皮膚の症状

まずは、脂漏性皮膚の対策するためには、症状をよく知る必要があります。

脂漏性皮膚の主な症状について、いくつか解説していきます。

目の周囲以外が赤くなる

多くの場合、初期の脂漏性皮膚による赤みは、頬のみに見られます。

しかし、次第に小鼻や鼻全体へと赤みを増しながら広がっていき、やがて顔全体が赤みやかゆみを帯びるようになります。目の周り以外が赤くなる、というのが脂漏性皮膚の大きな特徴です。赤みを繰り返していると、肌が日焼けのように赤茶けた色へと変わっていきます。

 テカリやベタつき

脂漏性の人は、皮脂が多く分泌されているため、洗顔してもすぐにテカリが出ることが特徴です。あぶらとり紙や化粧で一時的にテカリを落ち着かせても、あっという間に皮脂によってテカリやベタつきを感じるようになります。

肌表面がざらつく

脂漏性皮膚は、赤くなっている部分の表面に触れると、ザラザラとした感触です。

症状が進行していると、古い角質や皮脂がフケのような白や黄色の塊となって目立つことがあります。

また、眉毛や頭皮など毛が多い部分では強いかゆみを伴う場合があり、フケのように落ちた老廃物が毛に引っ掛かるように。

乾燥肌と併発している方は、テカリはみられませんが、ざらつきや老廃物が酷くなります。

毛穴の開きや、周辺の赤み

一目見て毛穴の開きがわかる状態です。加えて毛穴の周辺が赤くなっている場合は脂漏性皮膚の可能性があります。放置しておくとさらに毛穴が広がり、赤みも増していきます。

開いてしまった毛穴を改善するのは時間が掛かるため、目立たない初期の段階でしっかりと対策して、進行を抑える必要があります。

 

フケで粉っぽくなり、瘡蓋(かさぶた)ができる

油っぽく乾燥したフケ状のものが患部全体に発生。手で触れるとボロボロと皮脂の塊が落ちていきます。

また、白や黄色の瘡蓋状の老廃物が表面に発生します。瘡蓋が取れると強いかゆみが起きる場合があります。これらのフケ状や瘡蓋状の老廃物は、皮脂が酸化したような体臭を発生させる原因にもなります。

上記はかなり重度の脂漏性皮膚の写真です。肌が完全に乾燥し、ベタつきが発生していることが特徴。肌触りがザラザラとしており、強いかゆみも発生しています。

また、赤みが起きた部分から黄色の汁が排出され、固まって黄色っぽい瘡蓋状になっています。

 

お早めに対策を

進行していくと赤みが増して、精神的ストレスになってしまう脂漏性皮膚。精神的ストレスが余計に皮脂の分泌を増加させて、赤みを増してしまうので悪循環になります。
肌の状態や症状の進行具合によっては、対応できる限界を超える場合があります。
そのため、なるべく初期段階での対策をおすすめいたします。
肌の状態を知るためにも、ぜひ肌相談または直接ご来店によるカウンセリングをお申し込みください。