脂漏性皮膚の症状

脂漏性皮膚は目の周り以外の赤みやざらつき、べたつきが特徴

脂漏性皮膚(脂漏性湿疹)とは

脂漏性皮膚は、皮膚の表面に赤みやかゆみを伴う症状です。

頭皮や顔面など皮脂の分泌が多い部位に発症することが多く、表面のざらつきや毛穴の開き、発疹が見られます。

赤みや発疹に伴って皮膚表面の角質などが剥がれやすくなるため、油っぽいフケや瘡蓋(かさぶた)のような老廃物が付着するようになります。皮脂や老廃物が酸化すると、体臭の原因になり、見た目のイメージも清潔感を欠くため、早期の対策をおすすめいたします。

脂漏性皮膚対策を実施されたお客様

体験談1
 
 

cocotomiでお肌の状態をチェック

WEBフォームにて入力をお願い致します

脂漏性皮膚の原因

脂漏性皮膚は、「マラセチア(真菌)」と呼ばれるカビの一種による皮膚のアレルギー反応が関係していると言われています。

マラセチアは皮脂を好んで繁殖する、誰の皮膚にも存在する常在菌です。そのため、皮脂の量が多くなるとマラセチアも過剰に繁殖するようになります。

マラセチアは皮脂を分解する際に、皮膚を刺激する物質を分泌するため、赤みやかゆみといった症状が表れ、赤みの原因になります。
気温や湿度が高い季節は皮脂の分泌量が増え、紫外線によって皮脂の酸化が早まるので注意が必要です。

 

「マラセチア(真菌)」が肌からいなくなれば良いというのは間違い

「マラセチア(真菌)」が原因だったとしても、もともとは、常在菌です。
本来、常在菌は、トラブルを起こさず生息し、他の有害な菌類の繁殖を抑えるような役割を持っています。肌にはたくさんの常在菌が存在し、バランスを保っています。
マラセチア菌を死滅させることで、肌の常在菌のバランスが余計に崩れてしまい、肌トラブルを招くこともあります。
脂漏性皮膚を良くしていくには、常在菌のバランスも大事なことです。

 

脂漏性皮膚の症状

まずは、脂漏性皮膚の対策するためには、症状をよく知る必要があります。

脂漏性皮膚の主な症状について、いくつか解説していきます。

目の周囲以外が赤くなる

多くの場合、初期の脂漏性皮膚による赤みは、頬のみに見られます。

しかし、次第に小鼻や鼻全体へと赤みを増しながら広がっていき、やがて顔全体が赤みやかゆみを帯びるようになります。目の周り以外が赤くなる、というのが脂漏性皮膚の大きな特徴です。赤みを繰り返していると、肌が日焼けのように赤茶けた色へと変わっていきます。

 テカリやベタつき

脂漏性の人は、皮脂が多く分泌されているため、洗顔してもすぐにテカリが出ることが特徴です。あぶらとり紙や化粧で一時的にテカリを落ち着かせても、あっという間に皮脂によってテカリやベタつきを感じるようになります。

 

肌表面がざらつく

脂漏性皮膚は、赤くなっている部分の表面に触れると、ザラザラとした感触です。

症状が進行していると、古い角質や皮脂がフケのような白や黄色の塊となって目立つことがあります。

また、眉毛や頭皮など毛が多い部分では強いかゆみを伴う場合があり、フケのように落ちた老廃物が毛に引っ掛かるように。

乾燥肌と併発している方は、テカリはみられませんが、ざらつきや老廃物が酷くなります

脂漏性眉の赤み

 

毛穴の開きや、周辺の赤み

一目見て毛穴の開きがわかる状態です。加えて毛穴の周辺が赤くなっている場合は脂漏性皮膚の可能性があります。放置しておくとさらに毛穴が広がり、赤みも増していきます。

開いてしまった毛穴を改善するのは時間が掛かるため、目立たない初期の段階でしっかりと対策して、進行を抑える必要があります。

 

フケで粉っぽくなり、瘡蓋(かさぶた)ができる

油っぽく乾燥したフケ状のものが患部全体に発生。手で触れるとボロボロと皮脂の塊が落ちていきます。

また、白や黄色の瘡蓋状の老廃物が表面に発生します。瘡蓋が取れると強いかゆみが起きる場合があります。これらのフケ状や瘡蓋状の老廃物は、皮脂が酸化したような体臭を発生させる原因にもなります。

 

上記はかなり重度の脂漏性皮膚の写真です。肌が完全に乾燥し、ベタつきが発生していることが特徴。肌触りがザラザラとしており、強いかゆみも発生しています。

また、赤みが起きた部分から黄色の汁が排出され、固まって黄色っぽい瘡蓋状になっています。

黄色いカサブタと脂漏性皮膚についてはこちら

お早めに対策を

進行していくと赤みが増して、精神的ストレスになってしまう脂漏性皮膚。精神的ストレスが余計に皮脂の分泌を増加させて、赤みを増してしまうので悪循環になります。
肌の状態や症状の進行具合によっては、対応できる限界を超える場合があります。
そのため、なるべく初期段階での対策をおすすめいたします。
肌の状態を知るためにも、ぜひ肌相談または直接ご来店によるカウンセリングをお申し込みください。

 

cocotomiでお肌の状態をチェック

WEBフォームにて入力をお願い致します

お肌の悩みの原因や対策方法をご提案させて頂きます

cocotomiで詳細カウンセリングを受ける

 

脂漏性皮膚の対策方法

脂漏性皮膚の原因であるマラセチアは、皮脂をエサに増殖します。そのため、皮脂の分泌量を正常な状態へと近づけましょう。皮脂の分泌は食生活やホルモンバランス、睡眠時間、ストレスなどに影響されます。基本的なケアを継続することで、症状の進行を抑えることが可能です。

食生活に気を付ける

皮脂の分泌量が多い方は、偏った食事をしていることがほとんどです。摂取する脂肪の量を減らすことで、分泌される皮脂を抑えられます。また、ビタミンなどの栄養素は、皮膚組織の入れ替わり(ターンオーバー)を助け、肌トラブルで受けたダメージの回復を促進します。

睡眠時間を充分に確保する

肌の回復を促す「成長ホルモン」は、熟睡時に最も多く分泌されます。充分な睡眠を取って体を休養させることで、ストレスの解消にも繋がり、皮脂の分泌を正常に整えることができます。また、成長ホルモンの分泌は寝ている間にピークになると言われています。この時間帯に熟睡できるよう就寝することで、脂漏性皮膚対策の効果を高められます。

運動・休息でストレスを解消する

肉体的・精神的なストレスが溜まると、脳のホルモンを司る部分が混乱し、皮脂の過剰分泌が起こります。軽い運動や充分な休息を取って、ストレスを溜めすぎないよう意識しましょう。

洗顔で肌を清潔に保つ

洗顔は余分な皮脂を洗い流し、敏感になった皮膚を刺激する付着物も取り除けます。
ただし、洗顔すれば、治るわけではありません。
清潔にしながら、肌の常在菌のバランスを整え、肌の赤みが解決されていく肌づくりを行っていきましょう。

また洗顔の方法や洗顔クリームの選択内容で、肌の影響力も違っていきますので、方法や商品選定も大事なことです。

生活習慣も食生活も気を付けているのに・・・

セルフケアではなかなか対策が難しいのが脂漏性。
上記に列挙してあることは、すでに実行しているのではないでしょうか?
生活習慣も食生活も気を付けているのに、赤みやざらつきは変わらないということはないでしょうか?
間違った対策は、悪化してしまう可能性もあります。
まずは、相談することをおすすめいたします。
相談することで原因や状態を正確に知る事ができます。
また、自分に合った対策のアドバイスも見つかるでしょう。
ぜひこことみへお問い合わせください。

脂漏性皮膚は洗顔が大事な理由はこちら

 

脂漏性皮膚炎に似ているまぎらわしい症状

病院に行って、脂漏性皮膚と診断されてみたり、自分の症状がわからない為、ネットで写真を見ている間に、酒さかもしれないと思ってみたり・・肌の状態で呼ばれる症状が違っていきます。
どのような対策をするのかということを誤ってしまうと、それぞれの良くなるはずの症状も酷くなってしまうこともありますので、注意をしましょう。

脂漏性皮膚に似た症状の「酒さ」

まず、酒さの症状ですが、血管の拡張により顔が赤くなってしまうことが挙げられます。

また、顔がほてることもこの酒さの特徴です。頬や鼻周りに症状が現れることが多く、この赤みが顔全体に広がることから脂漏性皮膚炎と混同されることが多いのがこの酒さです。

顔が赤くなる症状が似ているので脂漏性皮膚炎と混同されるというお話は前述の通りですが、酒さと脂漏性皮膚炎は違うものなので、対策も異なりますから注意が必要です。

 

この酒さの症状は一説には皮膚のバリア機能が低下し、そこに刺激が加わることで、肌の毛細血管が拡張、赤みを帯びるということです。

 

一方、脂漏性皮膚炎は、肌の常在菌であるマセラチア菌というカビ菌の一種が関係して症状を起こしていると考えられています。この菌は誰の皮膚にも常に存在する菌であるため、その全てをなくしてしまえばいいというものではありません。常在菌のバランスが乱れてしまうようなスキンケア方法の誤りや生活習慣や、肌そのものに何か原因があると考えます。

脂漏性皮膚炎に関係している、本来常在菌というものは、他の有害な菌類の繁殖を抑えるような役割を担っています。そのため、常在菌の一種であるマセラチア菌がいなくなってしまうと、肌の常在菌バランスが崩れてしまい、脂漏性皮膚が余計に治らない、違う肌トラブルを招く可能性があるので注意が必要です。

 

酒さや脂漏性皮膚ともに、見分けがつけにくい肌ですので、一度こことみにご相談下さい。食生活や生活リズムの改善と合わせて、自分にあった対策をご提案させていただきます。

さまざまな肌トラブルでお悩みの方は、1度ご相談下さい。

 

cocotomiでお肌の状態をチェック

WEBフォームにて入力をお願い致します

脂漏性皮膚炎に似ているまぎらわしい症状「アトピー性皮膚炎」

脂漏性皮膚炎に似ている紛らわしい症状のひとつとして、酒さの他にはアトピー性皮膚炎があります。
脂漏性皮膚炎と同じで、皮膚が炎症を起こしてしまいます。主な症状としては湿疹やかゆみで、慢性化しやすいのもアトピー性皮膚炎の特徴です。

脂漏性皮膚炎と同じでマセラチア菌が増えると悪化することもありますが、脂漏性皮膚炎と違い、アレルギー体質の人や、家族にアレルギー体質の方がいらっしゃる場合に発症することが多いと言われています。

また肌のバリア機能が弱っていることもアトピー性皮膚炎の原因と言われています。もともと体質的にバリア機能が弱い方もいらっしゃいますが、皮膚をひっかいてしまったりこすってしまったりといった物理的な刺激や、肌にあわない石鹸や化粧品、紫外線などの外的刺激によってもバリア機能は低下してしまうことがあります。

アトピー性皮膚炎も酒さも、症状としては脂漏性皮膚炎に似ていることがあります。

しかし、脂漏性皮膚炎と思っていたものが他の症状だった、もしくは、その逆に脂漏性皮膚炎だと思っていなかったものが脂漏性皮膚炎だったということもあります。

もしかして、脂漏性皮膚炎かな?他の症状かな?」と思ったら、ぜひこことみにお問い合わせください。

 

脂漏性皮膚と皮膚科で言われた方もぜひ一度カウンセリングへお越しください

  • 皮膚科の診断で「脂漏性皮膚炎」と言われた
  • 皮膚の先生に「脂漏性皮膚は治らない」と言われた
  • 「脂漏性皮膚炎」と言われたが、別の皮膚科に入ったら「酒さ」と言われてよくわからない
  • 「診断がつかないまま、とりあえず薬だけ処方された」
  • 「ニキビ」と「脂漏性皮膚」と言われた

というあなたも一度こことみのカウンセリングへお越しください。肌の対策方法というのは一人ひとり異なるものです。それがたとえ同じ「脂漏性皮膚」という症状でも食生活や生活リズムなどの生活習慣が違えば、対策方法も変わってきます。

また、これから肌環境改善のために行っていくことも実際の肌の状態を見て、アドバイスをさせていただく方が、よりご自身に適切なものをご提案できます。さらに、直接来店してくださった方が、ご自身もその方法に納得して取り組むことができますので、そういう意味でもより効果的と言えます。

 

症状を判断して、商品を勧められるだけで満足?

「カウンセリングなんてどれも同じ」というお話をなさる方もいらっしゃいます。
しかし、症状を教えてもらって、「その症状にはこの商品、この薬、この美容機器がいいですよ。この商品はこんな成分が入っているので・・・」ということで、その症状になる経緯や肌よりも薬や商品の説明が長かったりしたことはないですか?

どうしたら、肌がよくなるのか?ですよね。
こことみのカウンセリングは、自分の肌を知る機会にさせていただければと考えております。

脂漏性皮膚という同じ症状でもしっかりと時間をとって、お客様それぞれにあわせた適切なカウンセリングをして、お客様自身に納得していただいた上で、一緒に肌対策をしていくのがこことみのサービスです。

 

お肌の悩みの原因や対策方法をご提案させて頂きます

cocotomiで詳細カウンセリングを受ける

脂漏性皮膚への対策事例


 これまでに、多くの方の脂漏性皮膚の方のお手伝いをさせていただきました。

  

脂漏性皮膚の対策についてはこちら

    

 

●男性 20代
目の周り以外が赤くなり始めたのは高校1年生から2年生の時でした。不安な時は先生が親身になって相談にのってくれたので、安心しました。赤みが軽減されたことによって、気が楽になってのでよかったです!!

●男性 20代
べたつきと赤みが気になり、日常生活に支障をきたしてしまうほどでした。このままでは嫌だと思い、対策を実施。一番気になっていた赤みが気にならない為、明るい毎日を送っています!

●女性 20代
ザラツキと赤み強い肌でした。途中なかなか赤みが消えないので、諦めたくなりましたが、先生に励まされて、継続していくことができました。対策を継続してきて良かったと思います。

●女性 30代

初めは来店してのカウンセリング迷いましたが、実際に、行ってみたら、非常にわかりやすい説明をしてもらったことで、こことみさんの対策に、納得して始めました。不安なことも、相談に乗ってくれるので、安心して対策を続けていくことができました。今では、対策を始じめて良かったと思います

●男性 10代

少し遠方なので、来店しない中で、こことみさんの対策をしていました。
でも、勇気を出して来店してみたら、知らないことがたくさんあり、最初から来店して対策を受けていれば良かった!と思いました。

 
脂漏性皮膚に似たような症状はいくつもあり、判断が難しい所ではあります。症状や原因によって対策方法は変わる上、トラブルを起こした肌は非常にデリケートです。間違った対策をすると、症状の悪化を招いてしまいます。自分で対策を始める前に相談しましょう。

すでに、皮膚科で脂漏性皮膚と言われた方も、まずは、カウンセリングにおいで下さい。

ご来店できる方は、できる限り、直接肌を拝見させて頂きながらのカウンセリング(ご相談)においで下さいませ。
文面で判断するよりも、直接拝見させて頂いたほうが、ご自身も安心、納得頂けることができるでしょう。

 

実際の改善写真つきのお客様の感想はこちらをご覧ください。

脂漏性皮膚の頬の赤み・肌荒れの対策の体験はこちら

肌の赤みとザラツキで悩んでいた肌の体験談はこちら

頬の赤み対策体験談はこちら

当店のご案内

自己流では得ることのできないメリットが5つございます。

 

男性ニキビ

ご自宅でも肌トラブル対策が可能です。

 

実施希望、対策についての詳細は実施と流れをお読みください

cocotomiでお肌の状態をチェック

WEBフォームにて入力をお願い致します

お肌の悩みの原因や対策方法をご提案させて頂きます

cocotomiで詳細カウンセリングを受ける

あなたと同じ悩みを乗り越えられたお客様の声

♠関連ページ

毛穴の赤みの原因と対策方法について

眉毛の赤みは脂漏性皮膚が原因かも

脂漏性皮膚の対策

頭皮のニキビと痒み