今すぐ始めるニキビケアで自信をもって就職活動へ

今すぐ始めるニキビケアで自信をもって就職活動へ

就職活動でニキビ肌は不利?

就職活動の身だしなみ三要素は、清潔感・健康的・機能的であることだそうです。

顔にニキビがたくさん出来ている、ニキビ跡の赤みが目立つ、肌の赤みが目立つと、清潔感や健康面での評価が気になるところですよね。
「肌が汚い」=「印象が悪くなる」のではないか、という不安を感じることはありませんか?

実際、肌トラブルがあることで、面接で不利な状態に陥ることは無いです。ただ、今後、就職しても新たな人と接する機会も多くなるので、第一印象的には気になるところですよね。

 

実際に、以下の写真はニキビがある時の肌とニキビがない肌ですが、印象でいえばどちらがよいでしょうか?

よい印象はどちら?ニキビができている肌

よい印象はどちら?ニキビのない肌

 

 

ニキビの悩みが態度に

本来はニキビのできる時期ではないのに、ニキビができていることで、生活習慣が悪いのではないか?毎日ケアをしていないのではないか?精神的に問題がある人と思われていないか?など、ニキビがある自分をどう思われているか、とても気になるかもしれません。実際に回りから見ても、健康的な生活を送っているような良いイメージはつかないですよね。

 

就職活動の面接官はニキビやニキビ跡よりも、中身や全体的な雰囲気を見ていますが、ただ、不安や心配を抱えていると、普段の態度でも知らず知らずの間に現れてしまいます。
それは、面接時の態度でも無意識に現れてしまいます。
自信の無い姿はやはり採用する側も大丈夫かなと思ってしまうかもしれません。

 

緊張で余計に目立つニキビやニキビの赤み

特に面接で緊張しているので、肌の赤みが余計に目立ったり、皮脂量が増えて、他の人よりもテカっている、べたべたした肌が目立ってしまいます。

女性の場合は綺麗にメイクをしてきても、化粧が崩れて、毛穴が目立つ、ニキビ跡の凸凹や赤みが目立ってしまうかもしれません。

肌が整っていないとメイクもしても、赤みが隠しきれなかったり、崩れやすくなったりします。

 

ニキビ肌の為に、あなたの良さが伝わらない

せっかく仕事への熱意や能力もあるのに、自分の魅力を最大限に引き出す事が出来ないまま、面接が終わってしまうのは避けたいですよね?

そうならないように、肌を整えて内側から溢れるような自信を身に付けて見ませんか?

ニキビやニキビ跡は対策して、すぐになくなるわけではありません。
また、再発を繰り返している人は、予防もしていく必要があります。

慌てて対策を始めるよりも、普段から対策をしておけば、いざ、大事な面接というときでも、自信を持って対応できるのではないでしょうか?

学生の時から対策しておけば、肌に悩みを持たずに就職活動へ

 

一時的なニキビ対策ではダメ

面接の時だけ、ニキビが少しでもなくなれば、良いと思う気持ちもあるかもしれませんが、複数社面接をするのであれば、そういうわけにはいかないと思います。

レーザーやピーリング、薬などによる短期治療は、肌に大きな負担がかかます。その場をしのいでも、負担がかかった肌は、ますますニキビの増加や赤み増大させてしまうこともあります。

就職したらそれで終わりではなく、新たな人達との交流があるわけです。

 

大学生になれば治るとほっておいたが、ニキビが出来続けた・・

 

ニキビのない肌で、あなたの魅力を最大限に発揮しませんか

こことみでは、今あるニキビやニキビ跡の対策はもちろん、ニキビができない肌を目指していきます。

学生の時から早めに対策したことで、就職活動も自信を持って望むことができた方々も大勢います。

早期に対策を始めることは決して悪くはありません。

 

すでに、ニキビ化粧品やニキビ薬を使ってみたり、皮膚科で治療してみたりしているのに、ニキビが治らない、ニキビが繰り返しできる、ニキビ跡の赤みが消えないという方は「こことみ」にご相談下さい。

 

来店できる方はぜひ、直接ご相談へ

cocotomi で詳細カウンセリングを受ける

まずはメールで肌相談

WEB フォームにて入力をお願い致します

cocotomi で対策されたお客様の声