花粉によるニキビや痒み

花粉の時期にいつもニキビが出来る

「花粉皮膚炎」という状態かもしれませんね。花粉やアレルゲンが皮膚に侵入することで起きている症状です。
肌のバリア機能が低下し、外部からの刺激を受けやすい状態になっているのが原因です。

 

花粉によるニキビができやすい場所

肌のバリア機能が低下し、水分と油分のバランスが崩れます。
肌が乾くと、角質が剥がれたり、剥がれやすくなったりすることで、皮脂がでてくる毛穴の通り道が狭くなり、
皮脂が毛穴から分泌されにくい状況に。毛穴に溜まった皮脂はやがて、アクネ菌による影響を受けて、ニキビになります。

ニキビ以外の症状としては、肌の乾燥、ほのかな赤み、チリチリ、かゆみです。

上まぶた、頬骨、あご、首など、露出が多い部分に発症しやすいのが特徴です。

 

ニキビや赤み、痒みなど花粉の影響ができやすい場所

●首ニキビの対策事例

写真をクリックして下さい。

首ニキビ

 

洗顔で花粉を取り除きましょう。

仕事や飲み会で帰宅が遅くて、メイクしたまま寝るのはNG。いつまでも刺激物を肌へ残しておくのはよくありません。
丁寧にメイクを落としましょう。

花粉による影響が激しい方は、なるべく早めにメイクは落としましょう。

また、洗顔する時の洗顔フォーム選びも大事なことです。脱脂力の強い洗顔や、ニキビ用の洗顔フォームは刺激を与えてしまいます。
こことみの洗顔フォームで、優しく丁寧に洗い流して下さい。

まつ毛の長い方はまつ毛にも花粉は付きやすいですので、洗い忘れのないように、丁寧に洗いましょう。

保湿をして肌のバリア機能を高めましょう。

刺激物の侵入を防ぐことに繋がります。また、角質細胞が剥がれない環境を整え毛穴から分泌される皮脂の流れをスムーズにすることでニキビの軽減に繋がります。

肌を乾かさない方法として化粧水を使いましょう。
水分を与えるには、水分が必要ですので、ゲル状の化粧水やオールインワンのタイプは水分を与えることにはなりません。
あなたの肌に見合った化粧水を選び使うことが大事です。

 

こことみ化粧品でスキンケア対策

ニキビのある場合は香料や色付きマスクは注意!!

マスクはしたいけれど、痒くなる、逆に触れている部分が赤くなる人はいませんか?

マスクも色付き、香り付き、抗菌機能など様々なマスクがあります。肌の弱い方はアロマ成分、染料で肌荒れを起こす可能性もあります。

使い捨てマスクのほとんどは不織布で、小さなケバケバが肌をチクチクと刺激してしまいます。できれば、刺激の少ないマスクを選びましょう。
赤ニキビや化膿ニキビのある場合は、長時間つけっぱなしは、蒸れて雑菌が繁殖しやすくなりますので気を付けましょう。
また、マスクはこまめに切り替えましょう。

皆と同様の対策をしているだけでは、ニキビはなくなりません。
あなたの肌に見合った対策を行っていきましょう。花粉の時期のニキビ以外にも、繰り返しニキビやいろいろ対策してもニキビが治らニア方は、まず、ご相談下さい。

お肌の悩みの原因や対策方法をご提案させて頂きます

cocotomi で詳細カウンセリングを受ける

cocotomi でお肌の状態をチェック

WEB フォームにて入力をお願い致します

cocotomi で対策されたお客様の声