紫外線によってニキビは悪化する!日焼け対策をして美肌をキープ!

紫外線によってニキビは悪化する!日焼け対策をして美肌をキープ!

 

仕事だけでなく休みの日に出かけることがあれば、嫌でも気にしなければいけないのが紫外線です。女性は気にしていますが、男性は気にしていないことも多く、紫外線によってニキビが悪化してしまうこともあります。

そこで今回は紫外線によってニキビが悪化してしまう理由や日焼け対策について紹介していきましょう。

 

 

紫外線がなぜニキビを悪化させてしまうのか

紫外線というのは浴びすぎると日焼けしてしまうということは誰もが知っていることです。
しかし、ただ日焼けするというだけではなく、肌に負担がかかっているということを意識しなければいけません。では、具体的に紫外線が与える影響についてみていきましょう。

 

肌にダメージを与え続けている状態

日焼けという状態は簡単に言うとやけどをしている状態です。つまり、紫外線に浴び続けている習慣というのはやけどが続いている状態なので、肌にダメージを与え続けている状態と認識しておきましょう。

日焼けした肌

日焼けは火傷と同じで、赤みを帯びる

 

角質層が厚くなる

紫外線による刺激から身を守るためのシステムが働いてしまうため、肌表面の角質層が厚くなってしまう角質肥厚と呼ばれる現象が起こってしまいます。角質層が厚くなるということは、毛穴がふさがりやすくなる、角質が毛穴につまりやすくなるといったように、ニキビになりやすい肌質になってしまうということです。

角質肥厚の毛孔

角質肥厚の毛孔

ニキビのない正常な毛孔

ニキビのない正常な毛孔

 

 

肌内部の水分が蒸発

肌の表面は厚くなるのとは裏腹に、肌内部は水分が蒸発してしまい、乾燥・敏感肌になってしまいます。

肌が乾燥すると汗やほこり、花粉などのちょっとした汚れにも肌が負担となり、ニキビができやすくなるので注意が必要です。

ニキビができた後も厄介で、乾燥している状態が続くと自己治癒力も低下するため、治りが遅くニキビ跡になるほど悪化してしまうこともあります。

乾燥ニキビ

乾燥によってニキビができた状態

 

 

皮脂が酸化して毛穴が詰まりやすくなる

紫外線によって皮脂が酸化すると角栓となり毛穴につまり、皮脂がうまく排出されなくなるのも影響の1つです。

皮脂が酸化すると硬さを帯びてしまうので、より皮脂が排出されにくく毛穴内部で菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。

ちなみに酸化するのは皮脂だけではなく肌細胞も同様なので、バリア機能も低下してしまうなど、ニキビに関していえば紫外線はデメリットだらけといえるでしょう。

 

赤ニキビ

 

外出する際は紫外線対策・日焼け止めを忘れない!

以上のことを踏まえると、外出する際は必ずといっていいほど紫外線対策や日焼け止めをするべきといえます。
また、紫外線によってニキビができるメカニズムは女性だけではなく男性も同様なので、めんどくさがらずにしっかりと対策をしていきましょう。

日焼け止めを男性も塗ろう

 

ニキビを悪化させないための紫外線・日焼け対策!

ニキビを悪化させないようにするためには、具体的にどのような対策をすればいいのかわからないという方も少なくありません。そこで、簡単にできる紫外線・日焼け対策を5つ紹介しますので、自分ができるものから実践していきましょう。

 

1. 保湿

ニキビができにくい健康な肌を手に入れるためには保湿が欠かせません。
保湿ケアは、必ず顔・身体を洗って清潔な状態のときに塗るようにしてください。

スキンケアであれば化粧水、保湿クリーム、身体もクリームを塗ると肌の乾燥を防いでニキビができにくくなります。

また、保水力の高いものや抗炎症作用があるものなど保湿ケアができる製品の内容成分にもこだわりを持って選ぶようにしましょう。
こことみの化粧水は保湿以外にもニキビやニキビ跡の赤み、脂漏性による赤みなど、肌の赤みを考えた商品です。日焼けした時の赤みにも(過度な日焼けの除く)。
また、紫外線でバリヤー機能が低下した肌をサポートするクリームがお勧めです。

化粧水やクリームについての詳細はこちら

こことみの化粧水で保湿

保湿しながらにきびの赤みやニキビ跡の赤み対策も

こことみのクリーム

ニキビやニキビ跡で弱ったバリヤー機能を強化

 

2. 日傘・帽子・ハンドウォーマー

紫外線をカットするために日傘や帽子、ハンドウォーマーやアームカバーなどのアイテムを活用するのも効果的です。
ただ、女性であれば紫外線対策として使用している人が多いですが、男性が日傘やアームカバーをしていると少し変な目で見られることもあり、勇気がいるかもしれません。
どうしても紫外線グッズの使用をためらわれるということであれば、日焼け止めクリームや保湿は欠かせないようにしていきましょう。

ニキビを悪化させない為の紫外線防止アイテム

日傘で紫外線予防して、ニキビを増やさない

 

3. 栄養バランスの取れた食事

紫外線によってダメージを受けた肌を守るのは外部からではなく栄養という形で内部からのサポートも必要です。

ビタミンCやビタミンA、βカロテンなどの栄養素は肌の代謝や抗酸化作用を持っているので積極的に取り入れていきましょう。

特に食生活が乱れている方が多く見受けられるので、野菜を多めに摂るような意識で食事をすると肌に良い栄養を補給することができると思います。

緑黄色野菜や果物にはビタミン類が豊富に含まれているので、色の濃い食べ物を選んでみるのも有効的な対策法といえるでしょう。

「こことみ」では、食生活についてもアドバイスをしております。
本格的に行い方の場合は、管理栄養士による食生活アドバイスも行っています。

ニキビに良い食事をしているのにニキビが治らない

 

4. タオルや保冷剤で冷やす

紫外線は熱エネルギーなので、浴びすぎると肌内部に熱をもち水分が蒸発しやすくなってしまいます。
そのため、外出する時間が多いと感じたら、冷やしたタオルや保冷剤で顔や身体を冷やしてあげるのも効果的です。ただ、極端に冷やし過ぎると、かえって肌が痒くなることもありますので、適度に行いましょう。

「こことみ」では日焼けした時や赤みのある時、火照りがあるときに効果的なスキンケアをご提供します。

「こことみ」のスキンケア

個々に応じたスキンケアをご提案します

 

5. 日焼け止めクリームを塗る

日焼け止めクリームを塗ることで紫外線の環境下でもダメージを軽減することができます。

化粧をする際に下地として日焼け止めを塗る女性は多いですが、男性はそもそも塗るという習慣が無い方のほうが多いでしょう。

しかし、男性だから日焼け止めを塗ってはダメということはなく、むしろ男性でも塗ったほうがいいので、外に出る機会が多いのであれば日焼け止めクリームを用意しておくことをおすすめします。

 

ニキビができているときに日焼け止めはしないほうがいい?

ニキビができているときに日焼け止めを塗ると、毛穴を塞いでしまうような気がしてあまりよくないのではないかと疑問に思う方もいるでしょう。
しかし、紫外線による肌へのダメージを考えると日焼け止めは絶対にするほうがいいです。
ただし、日焼け止めなら何でもいいというわけではないので、しっかりとニキビができていても使える商品を選ぶようにしましょう。

 

SPFやPAの数値が高い物に惑わされないこと

紫外線の事ばかり考えてSPFやPAの数値が高い物を選ぶ人もいますが、数値が高すぎるとその分、肌の負担も大きくなります。
自分の今の肌状態やその時の状況に応じて日焼け止めを選びましょう。

「こことみ」で扱っている日焼け止めクリームがお勧めです。顔や体にも使えて低刺激です。詳細はご相談下さい。

ニキビは刺激を与えないほうがいいので、以上の点を踏まえた日焼け止めクリームを選んで紫外線対策をしてみてください。

 

ニキビ改善を本気で目指すなら、1人で対策せずに、視野にいれよう

ニキビというのは紫外線だけが原因ではなく、様々な要因によって引き起こされてしまいます。
また、ひとりひとり肌質は違い生活環境も違うので、その人に本当に合ったニキビケアを見つけるのは容易ではありません。

簡単にニキビがなくなるのであれば、今、このページを読んでいることもないのではないでしょうか?
世の中には、「ニキビ」に関する商品や対策方法、手段、たくさん存在しています。
それなのに、「ニキビ」で悩む人がなくならないのは、どうしてでしょうか?

本気でニキビを改善したいということであれば、1人で対策をするよりもプロの力を借りて、早く解決したほうが、よい場合もあります。

「こことみ」でも、本気でニキビを治したくて様々な対策をしても自分の肌に合わなかったという方が大勢ご来店されています。

通うことを続けていくうちに、みるみるニキビが落ち着いてきたという方も多く、「こことみ」のホームページにお客様の声として掲載もしています。

自分では解決できないニキビの問題も、プロの目と力で最適な改善プランを提案しますので、興味のある方はぜひ一度検討してみてください。

 

ニキビのない肌へ

紫外線でニキビを悪化させないように日頃のケアは怠らない

紫外線によってニキビは悪化してしまいますし、肌のコンディションも低下してしまうことがわかってもらえたかと思います。
紫外線対策は日頃のケアがなによりも大切になってくるので、自分ができることを継続しておこなっていくようにしていきましょう。