頬のニキビ

赤い頬ニキビの改善ポイントは、これ以上増やさないこと。

頬に繰り返しニキビが再発することで、赤みやニキビ跡の原因になる。

 

顔の中で、頬は最も表面積が大きいパーツです。そのため、頬全体にニキビや赤みがでてしまうと、非常に目立ちます。頬は紫外線やホコリ、化粧品などの刺激を受けやすく、皮脂の分泌量も多いため、年齢に関係なく頻繁にニキビが発症します。

また、手や衣服、物が触れて雑菌が付着するため、ニキビが悪化しやすい特徴があります。

すでに多数の赤ニキビが発症していて、周囲の皮膚も赤くなっている方は要注意です。放置すると炎症が進行し、化膿ニキビになるおそれがあります。頬はニキビ跡になりやすいため、今あるニキビの症状悪化を抑える対策が必要です。

 

なかなか治らない頬ニキビでお悩みの方は、肌診断をお勧めします!

ご来店可能な方は、ご来店しての肌診断(カウンセリング)をお勧めします。
メールなど文章だけでは、実際に肌やニキビの状態を詳しく診断する事は困難です。直接肌を拝見させていただき、詳しく分析することで、最適なニキビ対策をお伝えできます。

来店肌診断はこちら WEB肌診断はこちら

 

 

ニキビが治っても頬の赤みが残る原因

頬ニキビが赤くなるのは、「赤ニキビ」が原因です。赤ニキビは毛穴の中で雑菌やアクネ菌が増殖して炎症を起こした状態。毛穴内部の皮膚組織がダメージを受けているため、周囲の肌が赤く腫れていきます。赤ニキビは治りが遅く、ニキビ跡になりやすいため、なるべく早めの対策をお勧めいたします。また、ニキビが治っても赤みだけ残ることがあります。そのような場合は、以下の理由を確認してみましょう。

・対策方法に問題がある

対策をしていても頬ニキビや赤みが消えない方は、現在行なっている対策方法を全て見直しましょう。対策方法が赤みを増大させている可能性もあるからです。シェービングや洗顔方法、メイクなど、皮膚に刺激を与えるものを使っていないか確認する必要があります。

・完治していない

自分ではニキビが完治したと思っていても、炎症が続いている場合もあります。毛穴の奥や、小さな初期段階のニキビが炎症していることが原因かもしれません。このような場合は、引き続きニキビ対策を続けていきましょう。

頬ニキビや赤みの改善方法

・刺激を与えない

頬に強い赤みがある場合、ニキビ跡になる確率は大きくなります。赤みがなかなか消えないなら、一般的な対策では改善されないおそれがあります。頬の赤みが起きているときは、極力刺激を与えない対策を心がけましょう。ピーリングやレーザーなどの対策方法は強い刺激を与えるため、かえって赤みを増大させてしまう場合があります。

・皮脂の分泌量を少なくする

炎症を引き起こす雑菌のエサは、毛穴から分泌される皮脂です。頻繁に頬にニキビができる方は、何らかの理由で皮脂が多く分泌されている可能性があります。ニキビの原因である皮脂の分泌量を調整していくことで、新しいニキビが発生を減ります。皮脂の分泌量は、食習慣や睡眠など、健康な生活を長期的に続けることで改善可能です。

こことみの頬ニキビの改善例

●白ニキビの改善例

  hoho-3-2

対策前は頬を中心に白ニキビが多数発症していました。 こことみグループの対策法を実践したことで徐々にニキビが改善していき、新たなニキビができにくい肌になりました。

●赤い頬ニキビの改善例

 

ニキビ跡の赤みと、炎症しているニキビの赤みが混ざっている状態でした。 ニキビ予防を行ないながら、ニキビ跡の赤みを解消する対策を実行。頬の赤みがほとんど目立たないまでに回復しました。

●頬のニキビ跡の赤みの改善例

 hoho-1-1-r

頬に強い赤みがありましたが、こことみの対策によって改善されました。 周囲の肌もくすんだような色から、明るい白に戻っています。

脂漏性皮膚炎の場合

●べたつき・細かい頬ニキビ

頬を中心にプツプツとした小さなニキビが大量に発症。皮膚が全体的に赤みを帯び、皮脂でべたついている状態です。洗顔してもすぐに皮脂が多くなる、という方は、脂漏性皮膚炎の可能性があります。

詳細は脂漏性肌のページをご覧ください。

 お客様の声はこちら

 

まずは、あなたの頬のニキビが改善されるかどうかについて、肌診断の

実施をお勧めします。

来店肌診断はこちら